難病『潰瘍性大腸炎』を患ったオリックス安達選手「同じ病気の人の励みになりたい」

【2ch】ニュー速クオリティ

2018年01月13日 10時20分

カテゴリ:VIP
【2ch】ニュー速クオリティ(当サイト内へのリンクです)

プレビュー

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/01/12(金) 23:27:59.14 ID:ID:OTCmgqla0●.net
オリックス安達、覚悟を決めた男の強さ 「同じ病気の人の励みになりたい」 国が難病に指定する『潰瘍性大腸炎』を患う中で、周囲のサポートが野球への情熱をさらにかき立てた。監督、チームメート、そして何より同じ病を患う人のために──。 覚悟を決めた背番号3、オリックスの安達了一は、たくましさを増している。 「自分では運命だと思うようにしている」 ここ2年、よく聞かれるようになった質問がある。 「体は大丈夫か?」 人に会えば必ずといっていいほど、体調の心配をされるようになった。どうしても「病気=大変」とイメージしてしまいがちだが、意外なほどに当の本人にはそんな意識はまったくない。 「自分では大変だと思っていないんですよ。こういう運命だと思うようにしているんです。そこまで重くとらえてないんですよね」 生まれたときから野球選手になることが決まっていたなら、病気になることもきっと決まっていたはず──。 周囲の心配をよそに、安達は驚くほど冷静に自身の運命を受け入れ、その上で真摯に野球に取り組んでいる。 「(病気に)なったものは仕方ない」そう話す表情からにじみ出るのは開き直りではなく、決死の覚悟のように思えた。 体に異変を感じたのは2015年11月、高知での秋季キャンプに参加しているさなかのこと。繰り返し来る急な腹痛に違和感を覚えた。それでも練習がこなせないほど激しいものではない。 「普通に風邪だろうと思っていたので、薬も市販のものを飲んだりしていました。あまり重く考えていなかったです」 それでも状態は良くならず、キャンプが終わっても腹痛に耐える日々が続いた。年が明けてからも“普通の風邪”は安達の体に居座り、時に練習の邪魔をした。 病院へ行くとその場で緊急入院 しかし、これまで大きな病気もケガもしたことがなく、体の丈夫さには自信があった。 16年1月18日に自主トレを公開した際には体重が3キロほど落ちていたが「お腹が痛いだけで大丈夫だろう、治るだろうと思っていました」と自然治癒を目指した。 チームに悲報が入ってきたのは、その5日後の23日。球団から発表された病名は『潰瘍性大腸炎』だった。 まさか──そんな思いが走った。初めて聞く病名に当時28歳だった安達は、戸惑いを隠せなかった。 「全然分からなかった。何を言っているのかなって感じで……」 春季キャンプを直前に控え、周囲に勧められての受診だった。少しずつ病にむしばまれてきた体は、すでに限界に近い状態まで弱っており、その場で緊急入院が決定。まず電話をかけたのは同い年で仲の良いT-岡田だった。 翌日には2人でチームの顔として、その年のキャッチフレーズを発表するイベントに出席することになっていた。「入院することになった」と話すと「マジか……」と残念そうな声が返ってきたことは今でも覚えている。 2人はその年から正式にチームの指揮を執ることになった福良淳一監督から、チームリーダーとして大きな期待を寄せられていた。 「申し訳ないなと思いましたね……」 ここから安達の今日まで続く闘病生活が始まった。 https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201801110003-spnavi

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1515767279

続きを読む

関連のある記事

まとめ記事タグ

内田彩, ナンパ, IT, ドラクエ, 山本彩, 声優, 健康, 音楽, プログラミング, キラキラネーム, 篠崎愛, ニコニコ動画, 初音ミク, ボカロ, 艦これ, ニコ生, エロゲ, ギター, けいおん!, 画像あり, DQN, ゲーム, ニコ動, ニート, 幼女, wwwwwwwww, コスプレ, した結果, エロ漫画, ペヤング, 野球, 就職, クソワロタ, 少子化, 炎上, バカッター, AKB, ラノベ, ゴキブリ

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク