【画像】ホームレスたちがガード下の歩道を不法占拠!問題に・・・

【2ch】ニュー速クオリティ

2018年06月13日 18時40分

カテゴリ:VIP
【2ch】ニュー速クオリティ(当サイト内へのリンクです)

プレビュー

1: 名無し 2018/06/13(水) 13:37:09.00 ID:s37Z4xdF0● BE:373518844-PLT(15931)
JR山手線「上渋谷架道橋」(東京都渋谷区)の下は、路上生活者、いわゆるホームレスの人々が集まっている場所だ。 (略) このたび、都内の大学に通う学生から、このガード下で生活するホームレスの人々に関する情報が寄せられた。 (略) 当サイトでは、学生の案内で現地へ向かった。当日は、ガード下にホームレスの人々の姿は見当たらなかった。 (略) 寝泊りに利用していると思われる段ボール箱や毛布、衣服や食品の空き容器などが各所に置かれており、 彼らは現在もそこで生活している様子だ。 no title (略) ガード下に渋谷区が設置したバリケードには、「不法占用禁止」という貼り紙がある。渋谷区役所ならびに 渋谷警察署の連名で、「この場所にむやみに物を置いたり、ごみを捨てることを禁止します」という警告文も、 ガード下の壁面に貼られていた。 no title (略) さらに、ガード横にあるJR東日本の渋谷変電所の入口近辺にも、彼らの私物らしきものが堂々と置かれていた。 (略) no title ちなみに、近辺のホームレスの人々の人数は減ったのではないかという。「以前は今よりもずっと悪臭がひどくて、 いつも息を止めてガード下を歩いていました」。 (略) バリケードや貼り紙を設置した、渋谷区の管理課に話を聞いた。担当者によると、それらは以前から設置されているという。 ガード下の一帯は、居住者の入れ替わりが比較的多いそうだ。ガード下の歩道に居住することは不当な占用であり、 道路法の規定に反する違法行為であるとのこと。 ただし、彼らに立ち退きを迫ることは、生活の場の強制的な除去でもある。それゆえ、天候や人々の体調なども配慮しながら 対応するというのが実情であると、担当者は述べる。また、区の生活福祉課の職員等が定期的に巡回して生活相談を 実施するといった、福祉面での支援とあわせて、継続的な取り組みがなされているという。 記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteifile.com/archives/10058

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1528864629/

続きを読む

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク