パチンコ屋で仲良くなった人にお金を貸したが、返済できずに代わりに差し出されたのが、スタイル抜群の彼女だった。

ゆるりと ひじきそくほう

2018年09月14日 22時20分

カテゴリ:VIP
ゆるりと ひじきそくほう(当サイト内へのリンクです)

プレビュー

大学四年の時、アホみたいにスロットをやってた。知ってる人もいるかと思うが、4号機の北斗や吉宗の時代。金太郎とかコンチ4Xの爆裂機でハマり、そのまま狂ったようにハマっていってたんだ。だから内定が決まってた4年の夏前からは、それはもう朝から晩まで通い詰め。新装やイベントの日は、同級生達と早朝から並んだりして。店のクセや友達からのお裾分けで、月50万以上も勝ったりしてたから本当に呆れる。 毎日朝から晩まで行ってると、それなりに常連たちと顔馴染みにもなる。その中にあるタイル職人の兄ちゃんがいた。仕事もしないでスロットにハマりまくり、給料のほとんどを注ぎ込んでたみたい。隣で5万とかブッ込んでスッカラカンになる姿を見て、設定6であろう台を最後に譲ったのがキッカケで割と仲良く接するようになっていった。しばらくは名前も知らなくて「タイル屋の兄ちゃん」と呼んでた。後になってエイジっていう名前を知る事になったが、キッカケはエイジさんの彼女だった。 エイジさんも昔はヤンキーだったんだろうなって風貌だが、その彼女も同じ。茶色の綺麗な長い髪に、いつもダボダボのジャージやスエット姿で登場。くっきり二重で目が大きくて鼻筋も通り、あんな格好してなかったら相当モテると思う。実際友達もみんな「もったいねーな」と言ってた。エイジさんにゾッコンなのか、いつも大負けしてる彼を迎えに来る。モヤモヤと白いムートンみたいなのが張り巡らされた、無駄にウルサイマフラーの軽で。下手したらヒモなんじゃね?と言われてたぐらい、周りからすると不思議な感じがした。夏休みに帰省して戻ってきた下旬頃、俺は北斗の6をツモって大量にメダルを積んでた。このままで行けば万枚いくなと内心大ハシャギだった。でも昼ちょっと前から来てたエイジさんは、18時頃には10万近く負けてたみたい。コーヒーあげたりして元気づけたりしてたけど、さすがに10万はヤバいでしょと。俺の台ラスト2時間打ちますか?って譲ってあげたんです。だけどもう手持ちの金が1万も無くて、正直銀行にも無いから無理だと言ってきた。じゃー俺が2万貸しましょうか?となったんだ。いいよ、悪いよ、と何度も言っていたが、目はウキウキランランだった。相当勝ってた時期だという事もあり、俺は勝った時に返してくれればと言って2万を貸した。 結局その日は数万円だけ戻ってきて、やっぱり大負けだったみたい。だから「返すの今度で良いかな?」って言ってきたんだ。でも次の日からのエイジさんを見ていると、2万は返ってこないだろうなって思えた。爆裂機やる金も無くなり、ジャグラーなどを打倒して負ける日々。でも金が尽きたのか、それから10日間ぐらい姿を見せなくなった。足を洗ったかと思ったけども、姿を現すと爆裂機を打ちまくってる。仕事して稼いできたのかなと思ったが、俺への返済は「待ってくれ」と言ってた。しばらくして突然エイジさんから借金の申し出があった。実はア○ムみたいなとこで借りてたらしく、返済しないとヤバいという。3万で良いから助けてくれ!泣き付かれ、渋々貸してやった。これで借金は5万だよな!と自覚はしてた。エイジさんはその後、数日間姿を見せなくなっては現れ、現れると爆裂機を打ちまくる。数日で元手が無くなるらしく、また姿を見せないの繰り返し。そんな事が2ヵ月弱続いた頃、またもや借金の申し出があった。帰ろうとした俺を待っていたらしく、前回よりかなり切羽詰まった印象だった。「今度は合計金額を紙に書いて、借用書みたいなのを作るから」「俺の免許証のコピーとか渡すから」「な!頼む!この通り!」と土下座までしそうな勢いだった。ファミレスに行って話を聞いてみると、借金の総額が50万を突破。しかも最近ヤバい系の街金にまで手を出したらしく、さすがに焦りまくってた様子。 利息も凄いわけで、そっちを綺麗にするので20万貸してほしいという。それはちょっと・・・と困ってしまったが、彼も相当必死だったわけです。頻繁に彼女からのメールが来てもそっちのけで、人目も気にせず頭を下げまくる。とうとう彼女から電話が来て、合流する事になった。彼女がいたら逃げれるかと思ったので、内心「早く来い、早く来い」って祈ってた。でもやっと現れた彼女を前にしてもエイジさんは頭を下げまくる。遂には彼女すら「お願いします」とまで言い出す始末。「アタシの免許証とかも渡すので」とまで言い出し、最悪の展開になっていった。運良くその1週間ぐらいで万枚を数回出し、60万ぐらいのお金を手にしていた俺。どーせギャンブルで勝った金だしなという事で、2人にお金を貸す事になった。もちろん一筆書いてもらったし、2人の免許証のコピーも取った。手元にあった17万を渡し、3万は明日という事に。金を手にしたエイジさんは、彼女を置いて一目散に返済に向かった。夜なのに?と思ったが、それはまっとうな街金じゃないからねぇ。戻ってくるまでの1時間ぐらい、初めて彼女と自己紹介からプライベートな話を聞いてた。 俺より1つ年下で名前をエリナと言った。知り合いや先輩が働いているスナックで働き、エイジさんはほぼ現在ヒモ状態だという。給料の全部をスロットに注ぎ込み、彼女にもお金を借りていると言ってた。そんな彼氏なんて・・・・と思ったけど、悲壮感とか怒りが全く感じられないわけ。貢いでる自分に酔っているのか、はたまた他に理由があるのか分からないけど、私はそれぐらい好きだから良いの!だから良いの!って感じがした。にしてもさすがに闇金はヤバいっしょ?と説得し、管理しなきゃダメでしょと言っておいた。親切心だったけどお節介と感じたのか、ちょっとムッとしてたんだが。喋ってて改めて思ったけど、本当に可愛い。スッピンに近いメイクなのにこれだけ可愛いのも珍しいなって思ってた。肌も白くて超綺麗だったし、軽く生意気そうで強気な表情する所も絶妙に可愛かった。エイジさんには完全にデレだったから、振り幅のデカいツンデレ娘だった。正直羨ましいと思ったし、なんであんな男にとも思った。嫉妬です。お金を貸してから、エイジさんはパチンコ屋に来なくなった。1週間後1回目の返済予定だったので待っていたが、一向に連絡が無い。痺れを切らして電話をしてみると、なんとパチンコ屋にいやがった。外に出たらしいけど、背後で自動ドアが開いちゃってね。問い質すと隣の市でスロットしてたのが判明。ムカついてエリナに電話すると、逆に「1回ぐらい遅れてウルサイな」みたいな態度。1回だけ我慢しようと次の約束まで待った。が・・・エイジさんから「用意できなかった」という残念な報告があった。 キレた俺は実家に連絡すると伝えた。そしたらエイジさんではなくエリナから電話があり「もうちょっと待って欲しい」という。可愛い子には弱い男の性で、今回だけ許す事にした。せめて半分でもと思い、何度も何度も「大丈夫?」とメールをした。「エリナの給料出るから大丈夫」と言われ、やっと3週間目にして10万円の返済。その二日後に5万円返してくれて、残りが10万となった。それから1週間後に10万返ってきて借金返済。聞いてみたら性懲りも無くまたスロットやったらしく、運良く勝てて返済したんだとか。でもやっぱりダメな男はトコトン駄目なんですよね。それから2週間ぐらいした頃、ゲッソリした顔でエイジさんが現れました。「5万で良いからお願い」と言ってきたんです。キッパリ断りましたがまた彼女を連れてきて、2人に説得されました。前回と同じ闇金に手を出し、明日5万払わないとエリナが風俗に・・・・とまで言うんです。「それも仕方ないんじゃないっすか?」と呆れて言ってやりました。そしたらエリナがキレて、俺に罵声を浴びせてきた。ヤンキー丸出しの口調で、自分の立場が分かって無いほどの罵声。ファミレスの客もドン引きするぐらいで、俺はそのまま店を無言で出ていきました。 歩いているとエイジさんが走って追いかけてきて、必死に「頼む!」と追いすがる。友達にも親にも借りててアテがないから!と可哀想なぐらい必死だった。シカトして歩く俺の両肩に手を当てて、エリナじゃダメか?を意味不明な事を言ってきた。はぁ?という俺に、エリナを好きにして良いからと必死な顔で言ってきやがった。5万でしょ?風俗何回行けると思ってんの?と相手にしない俺。「じゃー5回!いや、10回でも良い!」「生で大丈夫だから!」「ケツも使って良いよ!」「それじゃ1ヶ月貸すから!」どんだけ必死なんだよと思うぐらい、エイジさんはすがりまくりだった。「だってエリナさんに了解取って無いでしょ?無理だと思いますけど」さっきの罵声を浴びせてきた女ですから、そりゃー無理だろって思います。「大丈夫だって!俺が頼めば絶対大丈夫だから!」「そんな事言って俺をハメようとしてるんでしょ?」「んなわけないよ、お前しかいないんだってマジで」「友達にも貸しまくってるんじゃないの?」「それもない、絶対そんな事はしてない」駅までの間必死にすがられました。結局「1カ月間だったら良いよ」となり、ここで待っててくれと言われました。 駅前のベンチで待つ事10分ぐらい。不貞腐れたエリナの手を引きながらエイジさんはやってきた。明らかに俺を睨んでいるエリナに、ホッとしたような表情のエイジさん。「大丈夫だって、な?大丈夫だよな?」「マジで言ってんの?つーか5万で1ヶ月とかありえねーし」「だから言ったろ?いつもの5万じゃなくて、何十万の価値があるんだって」そりゃ~闇金だから、返せなかったら1~2週間で最悪な事になる。エイジさんに「分かった」と言ったエリナだったが、俺には「てめー超最悪」と捨て台詞。渡した五万を握り締めてエイジさんはダッシュ。俺とエリナはファミレスに戻り、車に乗ってラブホに行った。ブツブツ文句を終始言い続けてたが、いざホテルにつくと緊張してたみたい。「風俗でオヤジのチンコしゃぶるよりマシだろ」この言葉で決心したみたい。最後は大人しく部屋に入り、言われるがまま風呂の用意もしてくれた。でも顔は怒りに満ちてて、エロさなんて微塵も無い。1ヶ月とか言ったけどいつ逃げるか分からんので、1回1回を楽しもうと思ってた。まずは怒り心頭の心を折ってやりたくて、凌辱系でいく事にした。「今日は入れたりしないから心配しないで良いよ」ふんっ!と不貞腐れた顔で目すら合わせてこない。「だからとりまそこに座ってよ」ブカブカのスエット姿のままベッドの上に座らせた。
続きを読む

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク