ハプニングバーで粗相をし、オーナーにお仕置きされてしまう妻

ゆるりと ひじきそくほう

2019年04月15日 15時20分

カテゴリ:VIP
ゆるりと ひじきそくほう(当サイト内へのリンクです)

プレビュー

私は今年で40歳になる普通の会社員で、妻は今年で42歳になる共働きでOLをしている兼業主婦です。子供は今年から小5になる長女と、1年になる次女が居ます。 妻は勤めに出ているせいか年の割には若く見えますし、元々は小柄で華奢な体型ではありましたが次女を出産した後くらいからヒップや太ももを中心にお肉が付いてきて、上半身は昔のまま細身ですが下半身はそれなりにムチムチ感が出てきてきました。 私は良いと思っていますが妻はかなり気にしていて、仕事に着て行っているスーツなども膝上のものが多く 「次にスーツ作る時は丈長くしよ」 とか独り言を言っていますが私は内心 「同僚の人はその長さで喜んでるよ」 口に出したら怖いので心の中で呟いておりました。 と言うのも、ウチの妻は気が強く、はっきり物を言うタイプなので私や長女まで最近ではその気の強い毒舌の餌食になり家庭内では完全に女王です。 昔からそんな性格なので私も独身時代から、妻の機嫌の取り方が身に付き、妻の好きなスイーツを週に2度ほど買って帰ったり、 妻が会社の飲み会がある時は時間を気にせず楽しめるように 娘達を連れ私の実家に行き、祖母に夕飯を食べさせてもらい元々寝取られ願望があり妻には怖くて打ち明けてはいませんが冗談で 「朝まで楽しんできても大丈夫だから」 と言ったりしておりました。 すると妻も機嫌の良い時などは 「ありがとう」 と素直に喜んでいましたが、私の言った本当の意味は全く理解していないようでした。 そんな中夫婦仲も結婚12年目にはなりますが良好で、夫婦生活も家では無いですが月に1度か二か月に1度くらいの割合で機嫌の良い時に ホテルに誘い少ないですが無くなったわけではなかったのです。 私は、結婚当初から実は寝取られ者のAVや皆様の体験談、寝取られ小説を見るのが好きで最初はそれを見て興奮しているだけでしたが、 ここ数年あの気の強く芯のしっかりした、 外では理路整然としている妻が、凄いテクニックの持ち主や凄い巨根の男性にやられたらどうなってしまうのかとそればかり考える日々が増えて来ていました。 しかし、現実問題そんな事がかなうはずもないと思い諦めていました。 それでも妄想は膨らむばかり、何とかならないものかと考えホテルに行った時などにそれとなく、言ってみましたが話にもならず、機嫌を損ねるだけでした。
続きを読む

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク