【千葉小4女児虐待死】母親に猶予判決 「あなたが心愛ちゃんのことを考えないとふびんです」

アルファルファモザイク

2019年06月26日 17時40分

カテゴリ:VIP
アルファルファモザイク(当サイト内へのリンクです)

プレビュー

心愛 傷害ほう助罪 傷害致死罪 保護観察付き執行猶予年 父勇一郎被告に関連した画像-01
千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10)が1月に自宅浴室で死亡した虐待事件で、父勇一郎被告(41=傷害致死罪で起訴)の暴行を制止しなかったとして傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)に、千葉地裁は26日、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。メガネをかけたなぎさ被告は髪を後ろでまとめ、白い長袖シャツに黒いパンツ姿で出廷した。小池健治裁判長は「父から虐待を受け、母の助けを得られなかった心愛ちゃんの絶望感は計り知れない」と指摘。なぎさ被告も勇一郎被告から暴力を受けており「(精神的な)病状や性格からも、勇一郎被告の支配的な意向に逆らえなかったことは否定できず、一概に非難できない」とし、執行猶予付き判決の一因を明かした。裁判長に「判決の意味が分かりますか」と聞かれると、「はい」と小さな声だが、はっきりと答えた。裁判長から「あなたが心愛ちゃんのことを考えないとふびんです」などと言われ、すすり泣く場面もあった。※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースでhttps://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201906260000228.html
続きを読む

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク