高校で出会った親友がレズだった事が発覚・・・お酒を飲まされ寝てしまった私に親友は・・・

ゆるりと ひじきそくほう

2019年11月08日 21時20分

カテゴリ:VIP
ゆるりと ひじきそくほう(当サイト内へのリンクです)

プレビュー

私は真衣と言います。現在は大学3年生です。私には高校で知り合った由美という友達がいました。知り合った頃から意気投合して友達になり、毎日のように一緒に遊んだり、勉強したりする仲になりました。お互い対等の立場で言いたい事が何でも言える仲になり、彼氏についての相談や性の悩みまで何でも話せる唯一の友達でした。 長期に渡ってこのような関係を維持できたのは対等であるということが大きな要因だと思います。由美とは大学は別になりましたが、週末になると毎週のように一緒に遊んだり、飲みに行ったりしていました。大学生になってから由美は一人暮らしをするようになったので、由美の家に泊まりに行く事もしばしばありました。 そのうち大学の友達もできたり、彼氏もできたりで由美と遊ぶ回数も減ってきました。もちろん由美との交友関係はずっと続けていきたいし、お互い結婚しても家族ぐるみでの付き合いができればと思っていたので、できる限りは合うようにしていました。しかし、その頃から由美が私を見る目が変わってきたのを強く感じていました。何と言いますか、寂しさからくる妬みや嫉妬といった感じでしょうか。口には出しませんでしたが、メール文や態度からあからさまに感じることができました。私は今まで築き上げた関係を壊さないようにメールの回数を増やしたりして由美との交友関係を維持するように努力はしてきました。 そんな関係が続く中、大学2年の夏に事は起きました。その日は金曜日で夜から由美の家に泊まって土曜日に一緒に買い物に行く計画でした。夜は居酒屋でご飯を食べ、かなり酔いが回ってきましたが、由美の家で飲みなおすことにしました。その日は由美がやたらお酒を勧めてくることと、話がはずんでついつい飲みすぎてしまってそのまま眠りに落ちてしまいました。 そして何時かわかりませんが、私はものすごくHな夢を見ていました。由美とHなことをしているありえない夢でしたが、夢の中の快感が現実のように感じて眠りながら喘ぎ声を出していました。自分の喘ぎ声で目が覚めてしまい、段々と現実に戻ってきました。酔いと眠りから覚めたてで意識が朦朧とする中、何か奇妙に感じたのです。意識は戻ってきましたが快感だけが続いているのです。まだ夢なのかな?と思い手の指を動かしましたが、自分の意思通りに指が動きます。あれ?何かおかしい・・・と思いながらその快感に浸っていると、「はっ!?」と思って一気に現実に戻されました。明らかに誰かの手がパンツの中に入り込んで私の性器を弄っているのです。・・・あれ?私って由美の家で寝たんじゃ・・・と記憶を呼び戻しましたが確かに由美の家で寝たはずだと思い、そう考えるとますます訳がわからなくなりました。その間も私の性器は弄られ続け、いつから弄られていたのかわかりませんが、私の身体は完全に感じていて物凄く敏感になっていました。誰かわからない人の手で感じてしまうなんて・・・そう思いながらも彼氏の為に貞操を守らなければ・・・彼氏以外の人に感じてはいけないなど色々な思いが過ぎりながらも次々と快感の波が押し寄せてきました。そこで更に現実に戻りました。
続きを読む

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク