「昨日あんなこと言われたから意識しちゃって・・・」同じゼミの女の子がなんだかソワソワしている

ゆるりと ひじきそくほう

2019年11月11日 12時20分

カテゴリ:VIP
ゆるりと ひじきそくほう(当サイト内へのリンクです)

プレビュー

膝の裏と太ももの幅は同じくらい やや筋肉の筋が盛り上がり、青紫色の血管の筋が通ってそれを生々しく見せる。 「じゃあ.....」 遠慮がちにそう言って、文乃の後ろにしゃがみ込んだ。 そしてべたっと地にお尻をつけた状態で、彼女のスカートをそっとめくる。 (空気が違う...) 彼女のスカートの中から流れ出してきた空気に少しの違和感を感じながら、俺は人生初となる、女の太ももを舐めるという行為に及んだ。 ーーーーー 「え....?」 「今、なんて?」 文乃はきょとんとした顔で、俺が何を言ったのか全く理解出来ていない風でそう訊ね返した。 「もう一度...言って?」 不思議そうな顔にやや怪訝な表情を加えたような感じで彼女は質問を重ねた。 文乃、21歳。 大学の同じゼミの友人。 学籍番号が隣だったんで入学した時から仲が良い。 たまには一緒に出掛けて映画を見たり、飯を一緒に食ったり。 だが、不思議と互いに恋愛関係になるような兆しは無い。 そう言う話をすることを避けているのか、興味が無い(向こうも無かったのか)かで、とにかくそんな感じにはなっていなかった。 だけど、先日、前期の授業が今日でおしまい、と言う日に昼飯を食おう、という事んなった。 待ち合わせは学生会館の脇にある購買部。
続きを読む

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク