【悲報】大阪「不発弾の処理代576万払って下さい」地主「え?個人負担なの?」

アルファルファモザイク

2020年01月14日 20時40分

カテゴリ:VIP
アルファルファモザイク(当サイト内へのリンクです)

プレビュー

遺物 地主 提訴 不発弾 警備に関連した画像-01
不発弾処理費、誰が出す? 請求された地主「頭真っ白」戦時中に投下され、私有地から見つかった不発弾。撤去時の防護壁や警備の費用を払うのは国か、自治体か、それとも土地所有者か――。大阪市から負担を求められた所有者が、支払いを不服として裁判を起こしている。「戦争の遺物」ながら責任の所在を明確に定めた法律はなく、自治体ごとに対応が分かれているのが現状だ。■支払い不服、提訴「すぐに用意できる金額ではなく、頭が真っ白になった」。大阪市浪速区の不動産管理業の男性(58)が所有する土地から米国製1トン爆弾が見つかったのは昨年3月。作業は自衛隊が実施したが、万一に備える防護壁の設置費など576万円を市から求められた。速やかな撤去のためいったん支払ったが、今年4月に市に返還を求めて大阪地裁に提訴した。「今後、負担を求められて困る市民が出ないよう、適切な司法判断を待ちたい」裁判で市は争う姿勢だ。民法の「土地の所有権は土地の上下におよぶ」との規定をもとに、これまでも土地所有者側に負担を求めてきた。市によると、これまで異を唱えられたケースはないという。※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースでhttps://www.asahi.com/articles/ASJ816V75J81PTIL027.html
続きを読む

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク