「妻の抱かれる姿が見たい」→とてつもない後悔が残ることに・・・

ゆるりと ひじきそくほう

2022年08月05日 05時20分

カテゴリ:VIP
ゆるりと ひじきそくほう(当サイト内へのリンクです)

プレビュー

この話は先週の休日、馬鹿な亭主、そう私が妄想の世界を現実の世界へと計画してしまった話です。記憶がまだ鮮明に残っていますので、皆さんに告白します。妄想妻が見ず知らずの男たちに体を嬲られ、精が尽き果てるまで妻の膣穴に中出しさる。挙げ句に奥深く挿入された亀頭が子宮口を貫き子宮内に直接精液を注ぎ込む。 亭主はそれを見ながら己の魔羅を極限にまで勃起させ、自らの興奮を手淫で果たす。こんな妄想を抱いているご同輩の亭主族がこんなに多くいるとは、私自身驚いた。 私は42才、妻は25才のごく一般的なリーマン家庭。私達夫婦は結婚3年を迎え、そろそろS●Xに対しても倦怠期を迎えていた。近頃、妻とのS●X時、妻が他の男に抱かれながら痴態をさらけ出し、男の精を生で受けるという妄想を抱きながら、最後の瞬間を迎えていた。現実的には、なかなか妻を他の男に抱かせるといった事は困難であり、また、妻もそう簡単には承知するはずも無い。そんな妻だからこそ、他人の男に犯され、神聖な膣に無理やり挿入され、果てには子宮内に男の精液を注ぎ込まれる妻の狂乱振りを見てみたい。 私はある計画を企て、自然な成り行きで妻の裸体を他の男に晒してみようと考えた。しかし、妻の体を晒すだけのこの計画があの様な事にまでなるとは、私自身予想もしていなかった。その計画とは、以前行った事の有る温泉で、そこの宿の風呂は入り口に ”男湯”、”女湯”、”家族使用中”の札があり、その都度札を掛け替えて風呂に入るシステム。だから、”家族使用中”の場合は、他の客はは順番待ちという事になり、”男湯”の札の場合も女性は順番待ちという事になる。私はこのシステムをうまく利用すれば、妻の裸体を簡単に他の男たちに晒す事が出来ると思い、先週の休日を利用して、夫婦二人でその宿へ宿泊することにした。計画実行久しぶりの夫婦揃っての小旅行で、いつになく妻は浮足立っていた。数時間で宿に着き、とっぷりと日も暮れていたので早速風呂に入ろうと、仲居さんに風呂の空き具合を聞いたが、珍しく泊まり客も数組だけということで、今は空いているとの事。私だけ内心計画通り事が運んでくれる事を期待し、若干興奮気味で二人して風呂場へ向かった。風呂場に着くと仲居の言う通り札が外されていて、先客はいなかった。入り口に”家族使用中”の札を付けて夫婦水入らずの風呂を楽しもうと、妻も笑顔を浮かべながら入った。誰もいない脱衣場で、恥じらいもなく浴衣を脱ぐ妻。
続きを読む

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク