北川景子激似の女の子を先輩から紹介してもらった。その子は先輩のセフレで・・・

ゆるりと ひじきそくほう

2022年08月05日 05時20分

カテゴリ:VIP
ゆるりと ひじきそくほう(当サイト内へのリンクです)

プレビュー

二年前の夏休み前、そんな時期であるからして学部生たちは色めきだっていた。ある日の昼、学食で飯を食っていても所々では夏休みの旅行の相談。カップルらしき男女は海に行く算段を立てて喜んでいた。しかしまぁ、僕のように院生、なおかつ不真面目で結果が思うように出ていない院生は、盆も暮れも関係なく明日の実験のことしか考えていなかった。 旅行らしい旅行なんて、学部生の頃所属していたサークルの仲間とスキーに行った程度。しかも野郎のみ。そんな、灰色の青春を謳歌していた僕は、いつも通りの夏が始まるなぁと思いを巡らせていた。 「おーいノブ」後ろから元気な声がかかる。 振り返ると、しばらく顔を見ていなかったあたるだった。スペックでも晒したが、あたるは同じ学部で浪人留年しているから二個上。入学当初から仲がいい。(というか、俺自身友達はそんなに多くなくてあたるとあと二人程度の友達しかいなかった。) 彼は高身長で眼鏡イケメン。高校は名門の出で、留年はしていたが頭は凄く良い。おまけにスポーツは球技なら大体出来た。正に俺と正反対。だが、まぁ彼とはエロゲを貸し合ったり、コミケにも一緒に行くほど仲が良かった。 「久しぶりだな。元気してたか。」 「うん、まぁ。お前は?進級とかどうだ。前期終わったけども」 「わからんなぁwww実習とかやる気なくてwレポートも出してないやwwwwww」 「ちょ・・・おま・・・・・・」 「お前、あの実習で助手だったろ?なぁ先生に口添えしてくれないかw」 「俺は一回の院生だ。無理に決まってるよ。」そんな、完璧超人のあたるの唯一にして最大の欠点それが無気力。これさえなければ、彼は普通に進級してたし、もしかしたら飛び級もしていただろうに・・・「まぁいいやwそれよかノブよ。お前、実験ばっかで疲れないか。」 「まぁね。でも好きでやってることだからさ。」 「たまには息抜きでもどうだ!そうだ、今晩うちで飲まないか?」 「今日は作業がたくさんあって、夜遅くまで出れないなぁ。」 「ばっか!お前、今日は金曜だぞ?夜遅くからでもいいからさ。」 「うちの研究室は土曜まであるんだよねぇ・・・」 「はぁそうか。いつも世話になってるお前にお返しがしたかったんだがなぁ。」 「お気遣いどうも。宅飲みなんて何時でも出来るじゃん今度な?」 「それが、多分”今回限り”なんだなぁ。おいしいスコッチもあるのに。」
続きを読む

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク