トップページ » ロケットニュース24の記事一覧

ロケットニュース24の記事

  • 『嘘松』という言葉がある。これは、Twitterなどで見られる「嘘、作り話だろう」と思われるようなツイートなどを指すネットスラングのことだ。「はい嘘松」「これは嘘松確定」など、ネットではそういった内容は極度に嫌われる傾向があるが、同時に何千、何万リツイートされたりもする。 しかしこれに関しては、明らかに嘘っぽい話だったとしても、本当に作り話かどうかはそれを書いた本人にしか分かりようがない。にもかかわらず、嘘だと断定し攻撃をする人や、逆に嘘をあたかも本当のことのように垂れ流す人もいるのである。非常に不健康な状態ではないか? そこで、自分なりに解決策を考えてみた。 ・『嘘松』とは何か そもそも『嘘松』とはどういうツイートのことを指すのだろう。私(あひるねこ)は仕事柄、毎日のようにバズったツイートをチェックしているのだが、『嘘松』と揶揄(やゆ)されてしまう投稿にはいくつかの共通点がある。 まず、その出来事は自分の身に起きたことではなく、家族・友人から聞いた話であったり、目撃者という視点からだったりと、投稿者が第3者の立ち位置になっていることが多い。また、そこで繰り広げられた会話などが、一字一句正確に書かれているのも特徴だ。 ・『嘘松』の例 シチュエーションは、例えば態度が悪い客にバイトが正論で反撃。マナーを守らない誰かに誰かがバシッと説教。母親の秘密を叫ぼうとする子供。やけ...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月25日 09時20分
  • Wikipedia(ウィキペディア)といえば、ハンパない情報量が掲載されていることで有名だが、一方でハンパない “寄付してアピール” をしてくることでも知られている。今、インターネットを使ってこの記事を読んでくれている読者の中には、「あ〜あのバカでかいバナーのアレね」となる人も多いことだろう。 では、その “寄付してアピール” に応えて、実際に寄付したらどうなるかご存知だろうか? 私がやってみたので、レポートしたい。感想をひとことで言えば……こっちが戸惑うほどにアツい! その “アツさ” は、例えば寄付した後に送られてくる「自動返信メール」の内容からも垣間見えるのではないだろうか。一部だけ抜粋すると…… 「皆さんのご支援は、あなたがどこにいようとも、今必要な情報を見つけることができるようになることを意味します。例えば、ディナーパーティで友達と賭けをしてWikipediaで正解を得て決着をつけたり、私たちを囲む世界を理解するために使ったりできます。 Wikipediaに寄付いただくことは、この強固なアイデアを擁護していただくことです ウィキペディアは今後も、進化し、成長し、新しい課題に立ち向かっていきます。私たちは、こうした課題の克服に奮い立ち、さらに前進していこうと考えています。皆さんの寄付がその支えとなります。 皆さんのご支援にどんなにお礼を言っても言いつくせません...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月25日 08時00分
  • 香港が誇るアクション俳優ジャッキー・チェン。その恵まれた身体能力で、世界を魅了し続けてきた。 今回ご紹介するのは、ジャッキー・チェンが「フェンスを飛び越えまくる」動画。あんなフェンスも、こんなフェンスもひょひょいのひょ〜い! やっぱスッゲエなあ、ジャッキーは!! 映像エディターであるジェイムス・ケイシーさんが編集・公開した動画『How Jackie Chan Gets Over Fences』。そこには、様々な映画の “ジャッキーがフェンスを飛び越えるシーン” が集められている。 あらゆるフェンスを軽々飛び越えていくジャッキー。自分の身長の倍以上あっても問題ナシ! 監視カメラなんて気にしない!! もう、あの手この手を使って、向こう側に到達してしまうのだ。 この世にジャッキーを阻むことができるフェンスなんてあるのか? いや、あるはずない!! 動画を見た人々からは、「あまりに軽々飛び越えまくるから、自分にもできると錯覚しちゃう……」「家の持ち主はジャッキーのこと嫌いだろうなあ」なんて声も上がっている。あなたもぜひジャッキーの飛び越えっぷりを堪能してほしい。 参照元:AV Club(英語)、YouTube 執筆:小千谷サチ

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月25日 07時00分
  • 漫画:桃吐マキル 前の話へ|最新話から

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月25日 06時00分
  • バンド活動28年を迎えた、日本を代表するロックバンド「人間椅子」。ここ数年の快進撃は、繰り返しお伝えしている通りだ。2016年2月に19枚目のオリジナルアルバムをリリースし、同年3度にわたるツアーを敢行。 ツアーからの演奏をまとめたライブアルバムを、2017年2月にリリースしたばかり。それから約半年を経た10月4日、通算20枚目となるオリジナルアルバム『異次元からの咆哮(ほうこう)』を発売したのである。20枚という節目の作品に、彼らが込めた思いとは? そしてリリースツアーファイナルのZeppDiverCityに向けて、今、何を思うのか? ・異次元から見たこの世 前作『怪談 そして死とエロス』は、その名にある通りに「怪談」をテーマにした作品だ。「三途の川」や「雪女」、「芳一受難」など、日本に古くから伝わる怪談を、彼らの世界観で表現したアルバムで、死を通して命の大切さを訴えている。 そして今作はその怪談の向こう側、「異次元」をテーマにしている。ギターボーカルの和嶋慎治氏いわく 「 “あの世” も含めた様々な異次元から見たこの世を描いたのが、本作です」 とのこと。その言葉を如実にあらわしているのが、12曲目の『異端者の悲しみ』だ。 これまでの作品では、この世(現世)から見た、地獄やあの世などの異世界を表現していたのに対して、この曲が表す「異端者」はどこか別な宇宙(異次元)か...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月24日 22時00分
  • いつもゴロゴロしているペットを見たら、「いいなあ~! 私(僕)もペットになりたい……」なんて思ってしまうことがあるだろう。だがペットだって、いざという時にはせっせと働くようである。 というのも、「見知らぬ人から、お金を貰うことが得意なニャンコ」が、ネットで密に話題になっているのだ。しかも、その技が思わず感心してしまうほどアッパレな上に、ゲットしたお金は全てホームレス救済団体に寄付して社会貢献までしているというから、ナカナカ見上げたものである。 ・毎朝、会社で不思議が現象が…… 米ニュースサイト『boredpanda』によると、ネットで話題になっているのは、米オクラホマ州タルサのマーケティング会社「GuRuStu」で飼われている元捨て猫「サー・ワインズ・ア・ロット」だ。名前が長いので、ニャンコをワインズの名で呼ぶことにしよう。 従業員が退社した後も、ずっと会社に残っているニャンコ。毎朝、ワインズが待っている会社に社員が出勤すると、不可思議な現象が起こるように……。なぜだか理由は不明だが、会社の入口のガラス戸の内側に、毎朝何枚か1ドル紙幣が落ちているのである。 そんな現象を不思議に思った社長が、「もしかして通りがかりの人が、オモチャ代わりに1ドル紙幣で猫をおびき寄せて遊んでいるうちに、ワインズにお札を奪われてしまったのではないか」と仮説を立てたのだ。 ・ニャンコをFace...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月24日 20時20分
  • 突然だが、みなさんはチョコミントアイスを食べたことがあるだろうか? 私(中澤)はない。選ばない理由は、なんとなく「可愛さ」を感じてしまうから。小学校の頃にあった「男子なのにピアノ習うのが恥ずかしい」というのと同じニュアンスだ。 だが、今になって私は思う。「ピアノ習っといたら良かったな」と。ひょっとしたら、チョコミントもそうかもしれない。というわけで、35歳にして初めて食べてみることにした。 ・チョコミントを食べたことがない男がチョコミントに思うこと 「チョコミントアイスを食べたことがない」と言うと、大体の人は驚く。だが、チョコミントアイスを食べたことない人って意外と多いんじゃないだろうか。 そもそも、大体の人が最初はバニラから入ると思うのだが、チョコミント味って、それを乗り越えた先のチョコもストロベリーも乗り越えたさらに先にある気がするのだ。そのため、アイスをそんなに食べない人はそこまでたどり着かないのである。 ・けたたましく科学的な色 それはともかく、初めてのチョコミントアイス。鮮やかなグリーンの発色が、逆に食欲をなくすのは気のせいか。けたたましく科学的な色である。さて、食べてみるか。パク…… チョコの甘みが舌の上でトロける。あれ!? 嘘! こ、これはウマイ……かもしれない。 そんな甘みの中から鼻がスーっと抜けるどこか覚えのある感覚。この感じなんか知ってる。...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月24日 19時00分
  • ここ数年で映画、CM、ゲームなど、様々なシーンで見られるようになった「パルクール」。段差や壁を上手く利用しながら軽快に技を決める様子は、スマートかつダイナミック。まるで忍者のようだ。 そんな中、レッドブルが江戸時代を舞台としたパルクール動画を公開。外国人パルクーラーが江戸の町を縦横無尽に駆け回るほか、日本人パルクーラー扮する忍者も登場するなど、見ごたえ抜群の仕上がりとなっている。 ・プロのパルクーラーが主演 動画のタイトルは「Jason Paul goes Back in Time」だ。文字通り、プロのパルクーラーであるジェイソン・ポール氏が、突如、江戸時代にタイムスリップ。曲者として追われる奇想天外なストーリーとなっている。 ・最後まで目が離せない 撮影場所は、栃木県日光市「江戸ワンダーランド 日光江戸村」。江戸時代を舞台にした映像を撮影するのにバッチリのフィールドだ。動画を確認すると……キレのあるアクションに、スピード感あふれるカメラワークが素晴らしい!! BGMは世界的に有名な津軽三味線奏者「吉田兄弟」が担当。さらには、パルクーラーとして日本人で初めてレッドブル・アスリートに選ばれた KENICHI さんをはじめ、日本人パルクーラーたちが登場するなど、終始目が離せないぞ。 思わず見入ってしまうあたり、さすが世界のレッドブル。また、映画さながらの舞台セットと驚異の...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月24日 15時00分
  • 福岡県で麺といえば、モチのロンでとんこつラーメン。近年、非とんこつ系が増えてきたとはいえ、その図式はまだまだ健在だ。もし他の麺で勝負するなら、並々ならぬ覚悟と確かな味が求められる。 そんななか、福岡空港のフードコートに進出するほど人気を博している非とんこつ店がある。その名は『まくり』。ここは麺&飲茶専門店、つまりは中華で激戦区の麺界を渡り合っている人気店だ。 ・早い時間帯からお客さんアリ 前述したように、お店があるのはリニューアル改装中の福岡空港国内線のフードコート内。場所が場所だけに、年中無休で朝から晩まで開いているのが嬉しい。私(筆者)はお昼前の11時くらいに行ってみたのだが、すでにお客さんが数人並んでいた。 早い時間からお客さんがいる時点でかなり期待値が上昇。そしてメニューに目を通すと、これまたどれもウマそうだ。手っ取り早くお店を知るには看板メニューだろう……ということでスーラーメン(税込850円)を注文した。 ・どう見ても辛そうなスーラーメン 商品の説明によると、スーラーメンの特徴は「酸味×辛さの絶妙なバランス」とのこと。はたしてどんな味なのか、ワクワクしながらブザーを待つことしばし。ブルブルッと鳴って取りに行ったら……おぉ、これは! 見るからに辛そうである。あまり辛いものが得意でない私だが、それでも香辛料やネギの色が食欲をそそるではないか。すでに唾液は大...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月24日 12時00分
  • ガッツリ食べたい、でも野菜もしっかり摂っておきたい。そんなとき便利なのが『サブウェイ』だ。そのサブウェイで、超リッチな裏メニューを発見してしまったので報告しておきたい。 それは、ズバリ “ステーキサンド”。注文時にある言葉を伝えるだけで、肉料理界の高嶺の花、ステーキのサンドイッチが追加料金ゼロで楽しめるのだ。オーダー方法は以下のとおり! ・ステーキサンドをオーダーしてみた まず、ベースとなるサンドイッチは「ローストビーフ(税込580円)」。そして、ここからがキモだ。サブウェイでは注文時に、パンを焼くかどうか尋ねられる。そこでこう言おう。 「お肉と一緒に、長めに焼いてください」 そう、サブウェイファンならご存知、焼き時間長めの「よく焼き」とハムやベーコンなど肉類も一緒に焼いちゃう「ミート乗っけ焼き」をやっちゃうのである。 店員さんに「お肉に火が入っちゃいますけど、よろしいですか?(不安げ)」と聞かれるかもしれない。だが、全くの無問題(モーマンタイ)。今日はローストビーフを食べに来たのではない、ステーキを食べに来たのだ! ・肉汁ジュワジュワ!! 背徳パラダイス 焼き上がった肉とパンを見てみると……ああああ、なんてウマそうなんだ! 踊る脂! ほとばしる肉汁!! これだけでもウマいこと確実だが、そこにたっぷりの野菜が加わると……もう天国です。 歯ごたえあるジューシィな肉に、...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月24日 10時00分
  • ミュージシャンは音楽さえ良ければいい。と、そういう考えの人もいるかもしれないが、売れるためにはある程度外見が大事なことも事実だ。そのためか、ミュージシャンには年齢より若く見える人が多い。 また、デビュー時期もバラバラなため意外な人が同年代だったりする。そこで、現在も活躍しているアラフィフミュージシャンをまとめてみたところ……時空歪みすぎィィィイイイ! ・【アラフィフミュージシャンまとめ】 甲本ヒロト……1963年3月17日(2017年で54歳) ROLLY……1963年9月6日(2017年で54歳) 稲葉浩志 ……1964年9月23日(2017年で53歳) 野村義男……1964年10月26日(2017年で53歳) 奥田民生……1965年5月12日(2017年で52歳) 岡村靖幸……1965年8月14日(2017年で52歳) 吉川晃司……1965年8月18日(2017年で52歳) YOSHIKI……1965年11月20日(2017年で52歳) 和嶋慎治…… 1965年12月25日(2017年で52歳) 斉藤和義……1966年6月22日(2017年で51歳) トータス松本……1966年12月28日(2017年で51歳) 佐藤タイジ……1967年1月26日(2017年で50歳) スチャダラパーANI……1967年7月18日 (2017年で50歳) 草野マサムネ……1967年...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月24日 08時00分
  • 漫画:桃吐マキル 前の話へ|最新話から

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月24日 06時00分
  • 人間、誰しもある程度は “見た目” を気にするもの。男ならばカッコ良くなりたいし、女性ならば美しくありたい……そう願うのはある意味では本能なのかもしれない。だがしかし、実際には見た目が最重要な職業はほとんどなく、一定レベルのビジュアルがないと話にならないのは、芸能界などごく一部の世界だけである。 中でも命がけで任務に励む「軍人」に見た目は全く関係なく、各種スキルや根性、そして何より忠誠心が重要だ。……と、つい先日までは思っていたのだが、今回はそんな概念が軽く吹き飛ぶ「超S級の美人軍人」をご紹介したい。うむ……軍人は見た目が重要だ。 ・フォロワー数10万人オーバー イスラエルの軍人、Coral Zitkerさん。軍人でありながらモデル業もこなす、まさに「才色兼備の権化」ともいうべき逸材である。ハッシュタグには「airfoce」などと記されているから、もしかしたら彼女は空軍に所属しているのかもしれない。 それはさておき、10万人以上のフォロワー数を誇る彼女のInstagramを覗いてみると、そこは……パーティーや! とんでもなく美形な顔立ちにも目は行くが、男性ならば本能的にグラマラスバディーに釘付けになってしまうことだろう。い、いいですねぇ……! ・悩殺ショットてんこ盛り 投稿はほとんどが私服姿で、中でも水着が圧倒的に多い。しかもモデル業の関係からか、一般的な水着よりも...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月23日 22時00分
  • テレビを見ている時や家でゴロゴロしている時に、バリバリと食べるポテトチップスって最高だ。だが、袋の大きさの割には中身が少なくて、「あれれ!? もう全部食べちゃった……」なんて、ガッカリしてしまうことがある。 読者の皆様は、なぜポテチの袋って、あんなに空気がいっぱい入っているのか不思議に思ったことはないだろうか!? そんな疑問に答えるべく、謎に迫った調査をお知らせしたい。 ・スナック菓子の空気の量はブランドにより微妙に異なる 英ニュースサイト『The Telegraph』によると、英電化製品会社「CDA Appliances:CDA アプライアンス」がスナック菓子の袋に入っている空気を調査したところ、量はブランドにより異なるのだという。 例えば、ドリトスなら空気の量が47パーセントで、ケトルは55パーセントといった具合に、大体18~72パーセントの割合で空気が入れられているのだとか。 ・袋に入れられた空気の役割は……!? 空気といっても、正確には無味無臭の窒素が使用されていて、スナック菓子の袋に入っている窒素の量は平均が42パーセント。ちなみに空気は、約8割の窒素と約2割の酸素で構成されている。 では、なぜ窒素が袋に注入されているかというと、ずばりポテトチップスの油が酸化するのを防止し、新鮮かつパリパリに保つことができるからだそう。異臭がする上、歯応えがないポテトチップス...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月23日 20時40分
  • もし、新幹線や特急の指定席で「席を譲って」と言われたら、あなたはどうするだろうか? 困っている人は助けたい。しかし、一般の電車やバスとは違い、これらは “お金を払って座る権利を買った座席” だ。譲るか譲らないか、意見が分かれるところだろう。  先日、ある元アイドルが飛行機で「席を譲って」と言われたそうだ。彼は断ったのだが、その理由が、もっともだと話題になっている。 ・飛行機に乗ったら知らないオバさんが自分の席にいた 「席を譲って」という女性に遭遇したのは、台湾のアイドルグループChoc7の元メンバーAben(阿本)だ。Facebookの投稿によると、彼が飛行機に乗った際、自分の席に知らない女性が座っていたという。しかも他の席いっぱいに荷物も置いて。 ・席を譲って → 断った結果 → 罵倒される そして、Abenに「足が痛いから譲ってくれ」と話したそうだ。……これは困った状況だ。足が痛いと言ってるし、譲るべき? 勝手に座られてていい気持ちはしないし、断るべき? Abenのとった行動は “断る” だった。 すると女性の同行者がAbenをにらみつけ、さらに「礼儀知らず!」と罵倒してきたのだとか。 ・「礼儀正しくお願いされたら譲っていた」 この件について、Abenは以下のようにコメントしている。 「もし、僕が来るのを待って “譲ってほしい” と言われてたら、譲ったよ。お年寄...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月23日 19時00分
  • この地球上には、様々な種類の自動車レースが存在する。それらの中でも加速性能に特化し、直線だけでスピードを争うレースが「ドラッグレース」だ。 2017年9月9日、米国で開催された最高峰のドラッグレース「トップフューエル・ドラッグスター」で、世界最速記録が更新された。なんと、約402mの直線をたった4.485秒で走り、時速約544.5kmでゴールしたというのだ。 ・「トップフューエル・ドラッグスター」とは 「トップフューエル・ドラッグスター」は、ナイトロメタンとメタノールの混合燃料を使用するマシンで直線のスピードを競う。特殊な形ではあるが、世界最速クラスのドラッグレースだ。 ・「トップフューエル・ドラッグスター」とは 今回、ドラッグレースの歴史を塗り替えたのは、米国のチーム「Lagana Racing」。動画「2017 Drag Racing World’s Fastest Top Fuel Dragster 1/4 Mile Nitro Car US 131 Motorsports Park Video」で、レースの一部始終を見ることができる。 まず動画に登場するのは、ロングな車体とワイドな後輪、そして荒々しい鼻息のようなエンジン音が印象的な真っ黒のマシンだ。再生時間1:50あたりから突然レースが始まるのだが、この走りがとんでもない……というか、ブッ飛んでしまいそうなほ...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月23日 15時20分
  • 日本の食べ物は世界一ィィィィイイイ! 日本が誇る日本食。海外で日本食は大人気。そう思っていた時期が私(あひるねこ)にもありました……。そう、すべての日本食が絶賛されるわけではないのだ。叩かれる時は叩かれる。それが現実なのである。 先日、とある海外サイトに東京・新宿にあるVR施設「VR ZONE SHINJUKU」で提供されている『パックマンカレー』を酷評する記事が掲載された。「絶対に食うな」と読者に注意まで促している始末。マジかよ、一体どんだけまずかったんだ? 気になったので実際に食べに行ってきたぞ。 ・外国人ライターが酷評したカレー アメリカのライターであるクリス・コーラーさん。海外サイト「Kotaku」に投稿した記事には、「パックマンカレーは絶ッ対に食うな」という奇妙なタイトルが付けられていた。彼は文中で、カレーについて「ひどい味だ」と酷評しているのである。 ちなみにクリスさんは、文中にも書かれているように日本のカレーの大ファンだ。かつて『ゴーゴーカレー』への深い愛を綴った記事を書いて話題になった、と言えばピンとくる人も多いのではないか。そのクリスさんがボロクソに叩いたカレーって、一体どんな味なんだろう? こいつは気になるぜ。 ・歌舞伎町のVR施設 そこで、問題の『パックマンカレー』を実際に食べてみることに! 『パックマンカレー』は、東京・新宿歌舞伎町の「VR Z...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月23日 12時00分
  • 動物は言葉を話せないが、心が通じ合えているような感覚を覚えることがある。特にペットを飼っている人は、そういった強い絆を感じることが多々あるのではないだろうか。 そんな科学的に証明できないような出来事が起こり、ネットで話題を呼んでいるので紹介したい。ある男性の葬儀に姿を見せ、「全く立ち去ろうとしない白い猫」の動画が、再生回数950万回を超えるほどになっているというのだ! ・墓に現れたミステリアスな白い猫 英ニュースサイト『The Telegraph』によると、ミステリアスな白い猫の動画を撮影したのは、マレーシアのランカウイ島に住むサフアンさんという男性だ。 彼が祖父に当たるイスマルさんの葬儀に出席した際、どこからともなく真っ白な猫が現れ、イスマルさんが埋葬された土の上に陣取り、全く離れようとしなかったのだという。 ・墓からガンとして離れようとしないニャンコ 話題の動画を見ると、猫は土を掘り返そうと必死な様子。親戚の女性が墓からどけようとしたら、頑なに拒んでガンとしてでも動こうとしないのだ。 そして、また土を掘り返そうとするので、再び女性が猫の脚をつかんで引きずろうと試みるのだが全く効果ナシ。そこで、今度は別の女性がニャンコを抱き上げようとしたのだが、それでも猫は「墓から離れてなるものか!」と言わんばかりに、土を掘るのをやめようとしない。 ・葬儀が終わった後も墓から離れよ...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月23日 10時00分
  • 本日9月23日は「不動産の日」だそうだ。「ふ(2)どう(十)さん(3)」の語呂合わせと、秋は不動産取引が活発であることが理由とのこと。「不動産」と聞くと、最初に連想するのはやはり不動産屋だろう。学生でも社会人でも、きっと多くの人が引っ越しで不動産屋のお世話になったことがあるはずだ。 ところで、引っ越しってのはどうしてあんなにお金がかかるのかね? 特に初期費用。敷金、礼金、保証金、仲介手数料などなど、ドカンとお金が持っていかれてしまう。そしていつも思うのだが、「礼金」って何なんだよ! あれ払う必要あるのかよ!! というわけで、不動産屋にそのへんのことを聞いてみたぞ。 ・敷金・礼金 不動産屋の店頭やサイトで物件を見ていると、家賃と一緒に必ず載っているのが「敷金 / 礼金」の有無である。例えば「敷金:2カ月 / 礼金:1カ月」のような形で書いてあることが多い。当たり前のように使われているが、初めて引っ越す人にとっては未知の言葉ではないか。 「敷金」というのは保証金のようなもので、これは後で戻ってくる。というのはなんとなく知っているが、「礼金」は初めて見た時よく意味がわからなかった。なんでお礼の金額をお前が決めとんねんと。それはこっちが決めることじゃないんかいと。 ・「礼金」とは何なのか? ちなみに、先日引っ越しをした編集部・和才の物件は「敷金:1カ月 / 礼金:1カ月」だ...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月23日 08時00分
  • 漫画:桃吐マキル 前の話へ|最新話から

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2017年09月23日 05時40分

まとめ記事タグ

内田彩, ナンパ, IT, ドラクエ, 山本彩, 声優, 健康, 音楽, プログラミング, キラキラネーム, 篠崎愛, ニコニコ動画, 初音ミク, ボカロ, 艦これ, ニコ生, エロゲ, ギター, けいおん!, 画像あり, DQN, ゲーム, ニコ動, ニート, 幼女, wwwwwwwww, コスプレ, した結果, エロ漫画, ペヤング, 野球, 就職, クソワロタ, 少子化, 炎上, バカッター, AKB, ラノベ, ゴキブリ

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク