トップページ » ロケットニュース24の記事一覧

ロケットニュース24の記事

  • 芸人にしてキャンプYouTuberとしてもブレイクしているヒロシさんのツイートが話題になっている。某番組からオファーを受けた際、「一発屋の内容ではない」と言われたにもかかわらず、予告では「あの一発屋が大儲け」という見出しがついていたのだとか。 これに対し「ガッカリだわ。全てではないが、テレビは安易で嘘が多すぎる。レベルが低すぎるわ」と心境を吐露したヒロシさん。なぜこのようなことが起きてしまったのか? 元テレビマンに裏側を聞いてみた。 ・15年テレビ制作を行っていた人物の意見 今回話を伺ったのは、テレビ制作会社に15年勤めていた元テレビ関係者の40代男性・Kさん。こういったことはよくあることなんでしょうか? Kさん「レアケースではありますが……ないとは言えないですね」 ──なぜ騙す必要があるんでしょうか? Kさん「ひょっとしたら、テレビ側は騙したという意識はないかもしれません。順を追って説明すると、テレビ制作には、映像の演出を作るAD、ディレクター、お金やキャストなどを管理するAPやプロデューサー、番組を総合的にまとめる総合演出など、多くの人がかかわっています。 そして、タレントに番組出演を依頼するのはキャスティングを担当するAPまたはプロデューサーが多いです」 ──打ち合わせなどはキャスティングの際に行われるんですか? Kさん「キャスティング時に、番組企画や...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年05月28日 03時02分
  • 通常ハンバーガーとは、バンズにパティや野菜などの具材を挟んだものを指す。バンズは丸型であることが一般的で、手軽に食べられることが最大の魅力だ。もはや説明するまでもなく、日本全国に数多くのハンバーガーチェーンが存在しており、ファストフードの代名詞とも呼べる。 そのバンズがもしもキノコだったとしたら、あなたはどうする? …………少々乱暴な質問を投げかけてしまったが、その “if” を実現しているお店がある。ハワイ発祥「テディーズビガーバーガー」の表参道店では、2019年5月末までの期間限定で、マッシュルームで具材を挟んだハンバーガーの提供を行っているという。キノコにバンズの代わりはできるのか? ・巨大ハンバーガーを提供する店 お店は東京・渋谷区にある。最寄り駅は東京メトロの明治神宮前駅。JR原宿駅からでも徒歩5分でたどり着ける。 このお店は、過去にも当サイトで紹介させて頂いている。2015年には総重量700グラムの「メガモンスターバーガー」を。 2016年にはメガを上回る総重量1.8キロの「ギガモンスターバーガー」を紹介した。 ハンバーガーメニューだけでなく、パンケーキやロコモコなど、食事メニューが充実しているダイニングカフェである。2001年以来、ハワイベストバーガー賞を18年連続受賞している実力派としても知られている。 ・出てくるまで、辛い過去を振り返...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年05月28日 03時02分
  • 冷めたピザほど残念なものはない。別にピザに限った話ではないが、可能な限りアツアツの状態で食べたいと思うのが人情だろう。当然ピザ屋サイドもそれは意識しているようで、大手宅配チェーンの「ドミノ・ピザ」は、焼き立てアツアツのピザを提供することに注力しているらしい。 2019年5月27日より始まる新サービスもその一環だそうだ。ドミノ・ピザによるとなんでも、 “世界で1番おいしいピザ” を食べるための注文法なんだとか。そうやって自らハードルを上げていくスタイル、嫌いじゃないぜ! それでは気になる詳細を見ていこう。 ・新たなサービス ドミノ・ピザの変わったサービスというと、以前当サイトでもご紹介した注文から20分以内にピザが届く『ミッション20ミニッツ』などが思い浮かぶ。他にも様々な取り組みがあるようだが、基本的にこれらは宅配向けのサービスだ。 ・持ち帰り派は注目 今回スタートするのは宅配用ではなく、持ち帰り用のサービスとのこと。その名も『ジャストタイムクッキング』! 字面から何となく内容が想像できそうな気もしつつ、しかしその実体は思っていた以上にハイテクなものだった。手順は以下の通り。 ①ネット注文時に『ジャストタイムクッキング』にチェックを入れる(無料)。 ②出発地と移動手段を入力する(車・公共交通・徒歩の3つから選択)。 ③注文に利用したスマホを持って店舗へ向かう。 ④...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年05月28日 03時02分
  • メッセージ性の強い落書きや予測不能な活動で、たびたび世間をにぎわすバンクシー。先日のオークション会場で、落札直後に自らの作品をシュレッダーにかけてみせた事件を覚えている方も多いだろう。 正体不明の芸術家として知られる彼だが、今度は水の都ヴェネツィアにてぶちかましてきたようだ。舞台は現在開催中の国際美術展覧会「ヴェネツィア・ビエンナーレ」。由緒正しいこの展覧会に勝手に作品を持ち込むも、ポリスに見つかって追い出されているぞ。 ・ヴェネツィア・ビエンナーレ 一連の流れは本人のインスタで見ることができる。 View this post on Instagram . Setting out my stall at the Venice Biennale. Despite being the largest and most prestigious art event in the world, for some reason I’ve never been invited. A post shared by Banksy (@banksy) on May 22, 2019 at 8:01am PDT バンクシー「Setting out my stall at the Venice Biennale....

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年05月28日 03時02分
  • 短気は損気。分かっちゃいるけど、それでもやっぱりイラッとする。人間だもの。特に運転中など、自分自身が関与できない、相手の行動などによってイラッとしてしまったときは、手の打ちようがない。──と思っていたが。なんと! どんな相手にもイラッとしなくなり、しかも嬉しい行いにはニコニコになってしまう驚きの考え方を投稿したツイートが! Twitterで話題になっていたので、早速ご紹介したい。 ・ネコちゃんになら優しくなれる 素敵な発想だと多くの人から絶賛されている話題のツイートを投稿されたのは、Twitterユーザー「進行豹(@sin_kou_hyou)」さんだ。2019年5月12日、進行豹さんは下記のツイートを投稿した。 「『自分以外はすべてネコ』と考えながら運転すると、危険予知に対する意識は飛躍的にたかまり、マナー違反にも「ネコだからなぁ」とイライラせずにすみ、道をゆずったときにお礼の会釈でもされた日には「カシコイネコチャン!!」と嬉しさマシマシで結構いいこと尽くめだと、たったいま発見しましたなう!」 ──驚愕の発想。猫好きだが全く思いつかなかった。確かに、方向指示器も出さずに急に車線変更してくる車などは、予測のつかない動きをするネコちゃんそっくりかもしれない。 通常であればブチギレ必至な相手だが、ネコちゃんだと思うとあまり怒る気になれない。それどころか、ネコちゃんの動きに...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年05月28日 03時02分
  • スマホの性能が上がるにつれ、どんどんクオリティーが上がっていくスマホゲーム。気づけばかつて一世を風靡した携帯ゲーム機はすっかり過去のものとなってしまった。 そんな中、海外で発表された携帯ゲーム機が大きな注目を集めている。白黒ディスプレイにちょっと変わったコントローラーが印象的な『Playdate(プレイデート)』がそう。思わず欲しくなる不思議な魅力を持った1台だ。 ・初期のゲームボーイを彷彿とさせるデザイン 『Playdate』を発表したのは、20年以上に渡りMacやiOSのソフトを開発してきた米国のソフトウェア会社、Panic(パニック)だ。本体のデザインをチェックすると…… 鮮やかな黄色のボディーがお洒落&カワイイ! 十字キーと丸ボタンが付いていて、初期のゲームボーイを彷彿(ほうふつ)とさせるデザインだ。本体寸法は74mm × 76mm × 9mmと薄型で正方形に近い形状。気軽に持ち運べそうなところがナイスである。 ディスプレイは2.7インチ (68mm)の白黒でバックライトは非搭載だが、非常にシャープでよく見えるという。また、本体にはWi-Fi、Bluetooth、USB-C、ヘッドフォンジャックなども装備されているもようだ。 ・初期のゲームボーイを彷彿とさせるデザイン 注目すべきは、本体右側にあるグルグル回るアナログコントローラーである。これは、遊び心溢れる...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年05月28日 03時02分
  • 押忍! 魁・アプリ塾1号生筆頭、佐藤英典です! 使えそうなアプリを実際に使用して検証するこの企画。今回紹介するのは、おそらくこの先、動画編集アプリを紹介する上で、避けては通れない優れモノだ。その動画編集アプリ、「Enlight Videoleap」である。このアプリの広告を、InstagramなどのSNSで見かけたという人も多いはず。私も広告を見たうちの1人だ。 このアプリ、定額課金制を導入しているのだが、実は無料でもかなり使える代物であることがわかった。機能制限があるとはいえ、無課金でも十分カッコイイ動画を作ることができる! これはかなりスゴイ! なお、本稿ではiOS版で使用方法を紹介したいと思う。 ・無課金で十分 動画をスマホで編集する場合、多くのアプリが動画の長さを変えたり、2つの動画をつなげたり、あるいは、レイアウトする程度のものが主流だ。複雑な作業となると、やはりパソコンの力が必要だろう。そんな中、このアプリは画像の一部に動画を埋め込んだり、動画を動画に重ねたりといったことまで出来る。 早速その使い方を見て行こう。 まずはAppStoreでアプリをダウンロードする。インストールして起動すると、早々と定額利用の案内が表示されるが、まずは無料で使用感を確かめてから課金を検討するといい。 ・豊富な無料素材 画面左上の「×」をタップして課金の案内を閉じれば、...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年05月28日 03時02分
  • 世の中には「嫌なやつ」がたくさんいる。彼らに対する憎悪は日々深まるばかりだ。しかし、もし彼らの過去に「気の毒な体験」があって、そのせいで「嫌なやつ」になってしまったのだとしたら? 彼らは「嫌なやつ」に変わりないが、少しだけ見方が変わるかもしれない。 筆者は以前、『【隣人トラブル】70代の金髪老人に何度も怒鳴りこまれて引っ越した話 / 決着の瞬間に言われた言葉が哀しすぎた』というコラムを書いた。ここで登場した「紫の爺さん」はとんでもない人物で、ひどく疲弊し、ついに引越まで追い込まれた。 隣人トラブルは体験した人にしかわからない。簡単に表現すると、家に帰ると嫌な上司が出迎えて、ずっと一緒に過ごす感覚だ。毎日嫌な上司と一緒に暮らす。トラブルの原因が片時も離れず、ずっとそばにいる。どうだ、おぞましいだろう? だから私は決意した。「次の家ではトラブルを起こされたくない」。そんな切実な願いを胸に刻んで、確固たる意志を持って物件探しを行い……またしても隣人トラブルに遭ってしまった!!! んなアホな!!! この記事ではその悲しい体験を、2回の隣人トラブルに遭った筆者だからこそ気づいた “この世の真理” を、コラムとしてしたためたい。 今回も長いので、先に私が言いたいことをお伝えしよう。全部で3つだ。 1:不動産会社の言うことを鵜呑みにするな! 平気で事実とウソの、ギリギリを攻めた会...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年05月28日 03時02分
  • ロト6&ロト7の抽選マシン、通称「夢ロトくん」とシンクロするために作られた『正夢くん』が狙うのは億万長者ただひとつ! ということで正夢くんが今回予想するのは、2019年5月24日(金曜日)に抽選される第318回ロト7の当選予想。 それでは正夢くんが弾き出した、7つの数字をごらんください。 「04」「06」「10」「16」「29」「35」「36」 なんだかつかみどころのない数字群だが、逆にこんな並びが当たるのだ。 ちなみに今回のキャリーオーバーは3億4038万8440円だ! 信じる者は救われる。買わなきゃ夢は語れない。たのむから当たってくれ! めざせ一攫千金!! たのむっ! 当たれっ……!! 予想&執筆:正夢くん 執筆補佐:シャーマン羽鳥 Photo:RocketNews24. ★こちらもどうぞ → シリーズ「正夢くんロト7シンクロ予想」

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年05月28日 03時02分
  • 漫画:ロッテンマイヤー « 前の話へ | 第1回から読む | 次の話へ »

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年05月28日 03時02分

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク