トップページ » ロケットニュース24の記事一覧

ロケットニュース24の記事

  • 私(佐藤)が初めて豚大学したのは、今から7年の前のことだ。2012年6月当時、豚大学はまだ東京・新橋にしかなかった。総重量1キロのメニューを攻略しているので、その頃からだいぶ胃袋は鍛えられていたのかもしれない。 それから月日は流れて、最近になって新宿校舎ができたと知った。しかも、デリバリーしているというじゃないか! これは会社で豚大学するしかないということで、さっそく大学院を頼んでみたぞ! ・豚大学とは おっと、豚大学の説明をしていなかった。豚大学とは、東京・新橋のニュー新橋ビルに1号店を構える豚丼のお店だ。どこに行っても牛丼チェーンばかりの日本に置いて、焼き豚丼を提供する貴重なお店のひとつ。店舗は新橋のほか、神保町、そして2019年2月には新宿店(新宿校舎)をオープンしたばかりだ。 ・1キロの大学院 これは行くっきゃない! と思ったら、Uber Eatsで注文できることを知り、会社で豚大学することにした。配達手数料180円ならデリバリーするでしょ! そしてオーダーから約30分で豚丼キターッ!! 今回注文したのは、肉とご飯で総重量1キロの「豚丼 大学院」(1080円)。それに半熟卵(110円)をトッピング。 そうか、以前は特大豚丼と言われていたメニューが、大学院に進化したのか。実業高校卒の私からしたら、「大学院」という言葉の響きがなんか嬉しいなあ。大学にさえ行け...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年03月18日 11時40分
  • みんな大好き丸亀製麺。もちろん私(あひるねこ)も大好きなのだが、頼むものって大体決まっちゃってるんだよね。私の場合いつも「ぶっかけの並」で、あまり開拓はしないタイプ。そのため、周囲で人気の『あさりうどん』を食べたことも実はなかったのだ。 それは再び販売が始まった2019年3月12日以降も同じことだった。しかし、そんな私に怒りを覚えたのが当編集部の記者・サンジュンである。『あさりうどん』を食べたことがないなんて、一体何のつもりなのか? そう言いながら烈火の如くキレまくるサンジュン。マジかよ、そんなにウマいの……? ・丸亀最強? 季節メニューとして毎年販売されている『あさりうどん』。サンジュンはこの商品について以前から「丸亀史上、最高傑作」と公言しており、期間中は週3で店に通うことも辞さない構えだという。その姿は、“あさり信者” というワードを私に連想させた。 View this post on Instagram 今シーズン初のあさりうどん! 週3確定。 A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on Mar 13, 2019 at 11:34pm PDT ・キレる男 ある日のこと。サンジュンと雑談をしていると、丸亀製麺の『あさりうどん』の話題になった。...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年03月18日 10時40分
  • 諦めたらそこで試合終了ですよ? これは漫画『スラムダンク』に登場する安西先生の名言だが、実を言うとバスケ以外にも通じる。何事も諦めてしまったらそこで終わり。わずかでもあるはずの可能性を生かすも殺すも自分次第なのだ。 ──と今ではそう思えるようになったが、半年前まで筆者(私)は「イラスト教室」という新しい一歩を踏み出せずにいた。何しろ学生時代に美術の成績が悪かったし、三十路オーバーで学ぶ上に周りの生徒が若すぎると気まずい……と不安だったからだ。 しかし、絵が上手くなりたいと願うならやることは1つ。お金を払ってプロに教えてもらうしかあるまいと、勇気を出してイラスト教室の門を叩いた。 ・イラスト教室でどれくらい上達する? 2018年10月から年末年始を除く毎週土曜日の2時間、私はイチからイラストと向き合い続けた。顔の描き方にはじまり、全身のバランス……細かい体のパーツなどを教わると、最近では背景などを含めた絵をヘタクソながら描けるようにもなった。 View this post on Instagram 手、奥が深い A post shared by 原田たかし (@haradatakac) on Dec 1, 2018 at 12:06am PST ズブの素人からスタートしたこともあって、とにかく...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年03月18日 09時40分
  • いろんな器(うつわ)が100円ショップには売られているが、今回紹介する器は格別だ。ある意味では最強なのかもしれない。暖かくなるこれからの季節……特に夏なんて、毎日スタメンになるほどの魅力と実力を兼ね備えている。 私が激しく感動した器の名前は、『アイスディッシュメーカー ゆきポン 〜氷のうつわ〜』という。その名の通り「氷のうつわ」が作れちゃう、いわば器型の製氷皿(アイストレー)みたいな商品だが、コレ、ホントに最高すぎる!! 袋の中には2つの器が。 もちろんこのまま使うわけではなく…… 片方に水を入れて…… もう片方でフタをして…… いざ冷凍庫へ! 〜そして数時間後〜 ドキドキドキドキ…… 凍ったかな? 凍ってる!! そして底を指でヘコッと押すと…… \(^O^)/氷の器の登場だーッ!!\(^O^)/ なんという美しさ! なんというみずみずしさ!! それなのに、意外と重厚! この中に何を入れよう! パッケージには「サラダ」「フルーツ」「アイス」「冷や奴」「お造り」「そうめん」なんて使用例が書いてあるが…… 私は…… フルーツを入れてみた! 時間が経てば経つほど…… キンキンの冷え冷え……!! パクッと食べると…… ウン! ウン! ウン!! 最高! 最高!! 最高すぎるっ……!! さらに、食べ終えてから感じ...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年03月18日 08時40分
  • そのトイレは、かなり遠くからでも分かった。なにせ外観が超カラフル。「絶対アレでしょ!」と思いながら近づいて行ったら、やっぱりそうだった。 「アートトイレ1号」。豊島区のホームページでそのように紹介されているトイレは、めちゃくちゃ目立っていた。一般的な公衆トイレとは、外観が明らかに違う。 だがそれも当然。このトイレ、壁画アーティストが「絵の中に入って遊べる壁画」をコンセプトにデザインを作成したという。 そんなトイレ、中はどうなっているのだろうか? 気になって、トイレが設置されている池袋公園までやってきた私(和才)。いざ、扉を開けると…… 印象を簡単に言うならば、温かさを感じさせるトイレといったところだろうか。一見ごく普通の公衆トイレなのだが、どこかホッコリするのだ。例えば、ベビーチェアーとおむつ交換台がダブルで設置されている点。 これが商業施設にあるトイレだったり、有料のトイレなら分かる。ダブル設置を見ても特に何も思わないが、この「アートトイレ1号」は公園にある無料の公衆トイレなのだ。 ・天窓がもたらす解放感 それから見逃せないのが天窓。太陽の光が入ってくることで、適度な解放感を感じながら用を足せる。最高だ。 ただ、清潔感という点では、さすがに日本の有料トイレほどではなかったのも事実。しかしながら、それを補ってあまりある温かさが、この公衆トイレにはあるような気が...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年03月18日 07時40分
  • アイヤーッ! 「大吉くんのロト6シンクロ予想」の時間がやってきたアルヨ♪ 内容は超シンプル。最高6億円が当たるロト6の抽選マシン、通称「夢ロトくん」と抽選方法がよく似ている中国感丸出しロトマシーン『大吉くん』に、当選結果を予知してもらうというもの。 大吉くんが今回予想するのは、2019年3月18日(月)に抽選される第1363回ロト6の当選予想。出たとこ勝負の1発予想だ。それでは大吉くんの予想を御覧ください。 「01」「06」「09」「28」「38」「40」 とくにつかみどころのない数字だが、逆にこういう数字が当たるものだ。ちなみに今回のキャリーオーバーは0円だが、1等ひとりじめなら2億円だ! 大吉大利! めざせ一攫千金!! どうかそろそろ、あたりますように。 予想&執筆:大吉くん 執筆補佐:シャーマン羽鳥 Photo:RocketNews24. ★こちらもどうぞ → シリーズ「大吉くんのロト6シンクロ予想」

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年03月18日 06時41分
  • スパ! そうだよな〜。わからねーよなぁ。普段してない人にとっては。というのも先日さ、日本人のゴー(羽鳥)がオレの村(アンボセリ)に遊びに来た時さァ、恥ずかしそうに、モジモジしながら、こうオレに聞いてきたんだよ。 「なあルカ、どのへんで野糞すればいいのかな……」 って。それもさ、わりと近い場所を指さしながら「このへんかな?」ってさァ。住居の近くで野糞して良いわけないだろ! ちょっとは考えてくれ〜!! オレの村の野糞ポイントは、「そこそこ遠く」でなければならない。だって嫌だろ。ウン臭が村までプ〜ンと漂ってきたら、嫌だろ! だから頼むよ、できるだけ遠くでやってくれ。でもその際、野生の動物には気をつけて欲しい。 あとは、「茂み」に隠れながらやってくれ。オレたち目が良いだろ。いくら遠くに行ったとしても、茂みとかの「目隠し」が無い状態だったら、「あー、ウンコー!」ってハッキリクッキリ見えちゃうだろ。だから、茂みで頼んます。 紙については、まあ各自の判断にまかせるけども、オレたちは「石」を使って尻を拭いている。便の状態にもよるが、1個じゃ心細いので、2個くらいは野糞する前に確保しておくと良いだろう。それでは、良き排便を。オレセリ! Report:ルカ(マサイ族) 超訳:GO羽鳥 Photo:RocketNews24. ★こちらもどうぞ → シリーズ「マサイ通信」

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年03月17日 21時20分
  • みんな知ってるあたりまえ知識。でも、100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は「大阪王将に糖質9割カットをうたうチャンポンがある」という知識です。 みなさん、大阪王将は好きですか? 「好き」という人はおそらく、お気に入りのメニューの1つや2つはすぐに思い浮かぶことでしょう。それを好きなだけ食べられるのは至福……ですが、「糖質」や「カロリー」を気にしている人だって多いはずです。 そこでオススメなのが糖質カットメニュー。あぁ、アレねという感じかもしれません。糖質3割カットとか5割カットはよくあるので、珍しくはないでしょう。しかしながら…… そのチャンポンは9割カットです。3割とか5割とか、中途半端な糖質カットではありません。繰り返しますが、9割カットです。しかも麺類で。 では一体どうやったら糖質を9割もカットできるかというと、ヒントは麺にあります。実際に注文して実物を見たら一目瞭然ですが、メニューを見た時点で気づく人がほとんどではないでしょうか。というのも、そのチャンポンの名前が…… 「シャキシャキ野菜のしらたきチャンポン」 …… しらたき? そう! 麺の代わりが…… “しらたき” なのです。 これは見るからにカロリーが低そう。食べてみると、予想通りあっさり風味。したがって、“ちゃんぽん感” は薄い……と思いきや、麺以外はチャ...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年03月17日 18時20分
  • 映画館で飲むビールが、いつもの10倍美味しいことについては以前お伝えした通りだ。しかし、あまりに日常過ぎてスルーしていた、もう一つの「ビールが10倍美味しくなるスポット」がある。 それは──台所だ。ご飯を作りながら飲むアルコールって、異常なほどに美味しくない? キッチンドランカーだなんて言葉があるが、適正量を守れば台所で飲むのは超楽しいから! ご飯もルンルン気分で作れちゃうから!!  ・ご飯を作るエネルギーになる 朝から晩まで日々、一生懸命働くと疲れる。家でダラっと仕事をしている記者でさえそうなのだから、外で働いている人はなおさらに違いない。その上、子育てもしている人はさぞかし大変だろう。 さて、そんな疲れた状態でも、家に帰ると晩ご飯を作るという仕事が待っている。どんなに料理が好きでも、面倒になる日があるだろう。ちょいちょい手を抜くとしても、毎日適当にやり過ごす訳にはいかない。やはり自炊するしかない。 そこで助けてくれるのが、ビールをはじめとするアルコールだ! 飲みながら料理をすると、あら不思議。疲れがみるみるうちに取れ、頑張ってご飯を作ろうという気になる。まあ気のせいというか麻痺(まひ)しているだけだろうが、それでやる気が出るのであれば、儲けモンである。 ・秘密基地で飲んでいる気分 生活空間の中でも、台所という場所は特殊だ。ほかの部屋より狭い割に、ありとあらゆるも...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年03月17日 15時20分
  • 犬も歩けばそば屋に当たる。それほどに立ち食いそば屋がひしめく東京都内。そんな立ち食いそば屋のそばは、小麦粉などをつなぎに打たれたものが主流だ。そのつなぎを使わずそば粉だけで作られているのが十割そばである。 技術もコストも上がるため、値段が高くなりがちな十割そば。しかし、探せば立ち食いそば屋の中にも、十割そばが食べられる店がある。ワンコインで十割そば! 濃厚つけ汁にそばの風味が際立つ店がここだ!! ・記事のコメントから ワンコインで十割そばと言えば、小川町『韃靼 穂のか』を以前の記事でご紹介した。4つの麺から選べる十割そばは、キレキレに研ぎ澄まされており、とてもワンコインとは思えないレベルであることをお伝えしたが、その記事に以下のようなコメントが。 「西巣鴨のもりしょうにも是非行ってみてください! そこも十割そばです」 ──行ってません。というわけで、来てみました。 ・400円で十割そば 都営三田線西巣鴨駅から歩いて5分くらいのこの店。西巣鴨には初めて来たが、大通り沿いにポツポツとある食べ物屋のうちの1軒だったためすぐに見つかった。確かに十割、そして、もりそば400円とワンコイン以下である。 私(中澤)は「肉せいろ(税込500円)」の食券を購入。入店すると、店内はカウンターに沿って奥に伸びる鰻の寝床のような細長い造り。しかし、暗くはなく、愛嬌のある女将さんが出迎え...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ロケットニュース24
    2019年03月17日 12時20分

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク