トップページ » ゆるりと ひじきそくほうの記事一覧

ゆるりと ひじきそくほうの記事

  • 1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 22:36:21.23 ID:t20QoTCH0 妹「もしもし」 兄「おう」 妹「おれおれ。おれだよ妹だよ」 兄「わかった。今すぐ振り込むから待ってろ。で?」 妹「ねえお兄ちゃん、今いいかな?」 兄「いいよ」 3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 22:37:29.44 ID:t20QoTCH0 妹「年末年始はこっち帰ってくるんでしょ?」 兄「うん。正月だからな」 妹「クリスマスは?」 兄「クリスマス? なにそれ?」 妹「え、相変わらず研究室が忙しいの?」 兄「まあな。教授の奴隷みたいなもんだよ」 4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 22:39:57.58 ID:t20QoTCH0 妹「年内はいつまで?」 兄「あー。まだ決まってないけど、ギリギリまでかな」 妹「それじゃ休んでるヒマないじゃない」 兄「休みの日は休んでるよ」 妹「休みっていつ?」 兄「日曜とかかな」 5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2019年12月03日 05時20分
  • イケメンからの目隠しマッサージサービスって言うものを利用してみた 某レディースコミックの広告で載っていた店。 「イケメンがあなたを快楽に導きます」 私は普段は仕事人間で、それでいて無趣味。 お金は結構余裕があった。 思わずネットで検索し、怪しい噂が無いことを確認し、思い切って電話した。 電話に出たのは爽やかな青年風の男性。 彼は電話をしてきたことを感謝し、店の紹介をし、そして私とアポを取り付けた。 「では..」 私は、通話を終えるとなんだかデートをする前みたいな気持ちになってソワソワし、そして1時間後にはもう家を出ていた。 待ち合わせたのは巣鴨の駅前。 ロータリーの手前に向かい、電話で話した通り彼からの声がけを待つ。 「こんにちわ」 声を掛けて来たのは、顔の小さい、爽やかなスポーツマンタイプの男性。 ドキっとし、声が詰まる。 「は..はいっ..」 一目惚れに近かった。 「あ..あのっ..」 ぼおっとしている私尻目に彼は優しく、丁寧に私を導いていく。 そして見知らぬ通りを歩いて連れていかれたのは彼の店では無くてラブホテル。 「ここでしますからね?」

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2019年11月13日 04時20分
  • 彼は千紗の胸元にするするっと、何気ない、慣れた夫婦の夫が妻の身体に触れるかのようにして手を滑らせた。彼は彼女の胸元を掴み、指先に乳首を押し当てる。やがて2本の指でそれをつまんで、少し持ち上げてようにして、咄嗟の事に身を硬くしていた千紗の反応を待った。ーーー水曜日の最終ターム、16:30からの回は塚崎の回と決まっていた。彼は千紗の専任講師で、期末の試験まではこの時間を彼女の為に割り当てている。千紗としては水曜日、大学の講義としては午前中だけの予定しかないため、水曜日の最終時間まで拘束されることは本意では無かった。ただ、塚崎の指導力は校内でも評判であった。だから、その彼の時間を確保できたことは試験突破への大きな手助けになると自分自身を納得させていた。「あのー...」千紗は前回の指導と同様に課題曲の譜面を開き、彼の指示を待った。右斜め後ろに首を曲げ、視線に捉える。前回は「初めから〜」とだけ指示され、後は何点かのコメントが出ただけ。2回目の今日は、より詳細な、的確な指示を貰えるものと想像をしていた。「前と同じようにーー」塚崎がつっけんとした口調で言葉を発した。そして、譜面に指先を当てて、「ここを気をつけて...」と加える。千紗は言われた通り、目の前の譜面に向き直り、息を吸って居住まいを正し、鍵盤に手を当てて弾き始めた。

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2019年11月13日 03時20分
  • 11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 01:47:13.74 ID:ZCS0VROTO 幼馴染「生理前になると張って硬くなるんだよね。触ってみる?」 男「硬くなる前も触らないと、違いが分からないだろ」モミモミ 幼馴染「それでも触るんだ」 15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 01:54:37.64 ID:ZCS0VROTO 幼馴染「あんまり刺激すると乳腺肥大しちゃうから止めてよね」 男「じゃあ弾力を楽しむ」ポヨンポヨン 幼馴染「人の話聞いてる?」 17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 02:01:08.56 ID:ZCS0VROTO 男「乳腺肥大するとどうなるの?」ポヨンポヨン 幼馴染「胸が張って大きくなる」 男「それは良い事を聞いた」ポヨポヨポヨポヨポヨ 幼馴染「でも一時的なもので、張った時に細胞伸びる危険性があるんだよね」 男「伸びる?」ポヨポヨポヨポヨポヨ 幼馴染「最悪垂れるの」 男「……」ピタッ 男「ごめん……ごめんよぉ……」ナデ...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2019年11月12日 23時20分
  • これは僕がまだ小3の頃の話です。当時父が海外に単身赴任となり、母と僕は一時2人暮らしをすることになりました。ちょうど2人暮らしを始めて半年ほどたったころでしょうか。ある少年が僕達の前に現れました。その少年はいつごろからでしょうか。僕と母が一緒に買い物に行く為に外出する際、よく家の前の電信柱等の物陰からジーと僕達の様子を見ているようでした。正確に言えば僕の母のほうをジーと見ていました。 少年はランドセルをしょってた為、同じ小*生の子のようでしたが、子供だった僕からしても体格的にかなりかなり太ってた巨漢の少年で。推測ですが当時の僕の身長が130cmくらいとすると、おそらくイメージ的に150cm超はあったかと思います。眼鏡をかけており、正直なんとなく気持ち悪い雰囲気をただよせていました。最初は特に意識はしていなかったのですが、こうも頻繁によく見かける為、ある時僕は子供心ながら不安に思い、。「ママ。なんか変な奴がいるよ」と母に言って指差しました。 母は少年のほうをちらりと見て「あら。本当ね。近所の子かしらね?あなたと遊びたいんじゃない?」「でも。あいつ僕というよりママのほうをじっと見てる気がするんだけど」「え~ そう?」母がおもむろにその少年に視線を向けると、少年はそれに気づいたようで、ぴゅーと逃げていきました。「あら。逃げちゃった、、、なんなのかしらね?」と母...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2019年11月12日 04時20分
  • 1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:24:56.10 ID:KK/x9cxo0 ―――朝 バス停 男「……」 少女「……」 男「……」 少女「お、おはようございます」 男「え?ああ、おはよう」 少女(九月になってからこの人とは毎日会うなぁ) 少女(こんな田舎のバス停を利用するの私だけだと思ってたけど) 少女(最近、引っ越してきたのかな?) 少女「……あ、バスだ」 男「……」 少女(まあ、どうでもいいか) 6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:28:49.61 ID:KK/x9cxo0 ―――朝 バス停 男(毎朝、会うな) 少女「……」 男(中学生か……ま、通学なら毎日会うよな) 少女「お、おはようございます」 男「え?ああ、おはよう」 少女「……」 男(びっくりした……急に挨拶された……) 男(そういえば怪しい人には挨拶しろって今の子は言われてるんだっけ……?) 男(俺、怪しいのか……) 少女「あ、バスだ」 男(普通だと思うんだけどなぁ) 少...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2019年11月12日 03時20分
  • 1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 12:37:52.51ID:t6F/BFNT00規制解除されてたので記念に書き子 2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 12:39:02.82ID:t6F/BFNT00復讐って言っても裏からねちねち嫌がらせとかする訳じゃなくただ単にトレーニングしてガチムチになってDQN倒しただけなんだがなw 4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 12:42:30.02ID:t6F/BFNT00彼女も顔は可愛いけど、ギャルではなかった。 素朴にしてる女ほどDQNやチャラ男みたいなの好きになりやすいみたいだな 7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 12:44:40.68ID:t6F/BFNT00ある日突如彼女に別れを告げられた。 彼女の名前を借に茂美としよう。DQNが健二な 茂美「あの…もう私たちわかれない?」 俺「へ?意味がわからないんだが…w」 しかもこれはメールでのやり取りw意味がわからず彼女を問いただすが肝心なところではぐらかしやがるw 次の日直接あって問いただすことにした 8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2019年11月12日 01時00分
  • 1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 22:06:45.11 ID:40iGqhre0妹「私のパンツ、知りませんか?」 兄「なんでそんなことを俺に聞くんだ」 妹「お気に入りのしましまパンツだったんですけど……」 兄「ほうほう」 妹「兄さん、縞ぱん好きですよね」 兄「う、うん……まぁかわいいよなあーいうパンツ」 妹「以上、証明終了です。犯人は兄さんです」 兄「むちゃくちゃやがな」 5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 22:11:38.87 ID:40iGqhre0兄「大体、盗まれたって決め付けるのも良くない」 妹「洗濯機の中も、物干し場も探しましたけどみつかりませんでした」 兄「タンスに入ってたんじゃないの?」 妹「無くなったのに気がついたのは今日ですけど」 兄「ふむ」 妹「お風呂で昨日脱いだものなんですよ」 兄「となると、物干し場で盗まれたとか」 妹「兄さんの部屋を確認させて下さい」 兄「やだよ、そんなあらぬ疑いで押し入られるのは」 妹「確認拒否……証明終了です。犯人は兄さんです」 兄「使い方間違ってないか?」 妹「間違ってません」

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2019年11月12日 00時20分
  • [caption id="attachment_8302" align="alignnone" width="3072"] OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption] 1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/04/04(水) 00:00:20.47 ID:J6c7palb0男「そのサイダーはwww俺がすでに振りまくったwwww」 幼馴染「……そう」 男「ちょwwwお前顔ベタベタwww」 幼馴染「……そうね」 男「動くなwwwww拭いてやんよwwwうはwwお前髪サラサラwww」 幼馴染「……触っていいとか……言ってない」 男「キましたよwwwwやんわりな否定wwwいややんわりじゃないってwwww皆までいうなwwwww」 幼馴染「…………」 男「無言の圧力wwwキッツいwwww笑えねえwwww」 4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/04/04(水) 00:18:38.51 ID:J6c7palb0男「これwwww今日の課題なんすよwww」幼馴染「……何で敬語?」男「ノリwwwwwww」幼馴染「……よく分からない」男「後これwwwこないだのテストの結果wwww個人情報漏洩っすよwwww先生甘すぎwwww」幼馴染「……そう」男「お前全教科一位wwww頭良...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2019年11月11日 23時20分
  • 結婚して2年目の主婦です。夫は、とても真面目な人です。私もどちらかと言うと真面目な方で、若い時もあまり派手に遊ぶようなキャラではありませんでした。ですから、平凡ですけど、人並み以上の生活が出来て満足していました。でも、唯一の悩みは、最近ドンドン増してきた性欲でした・・・若い頃は人より少なかったと思います。経験人数も3人だけで、オ〇ニー以外ではイッた事はありませんでした・・・ それで、最近はずっと家にいるので、時々ムラムラとしてしまい、昼間からオ〇ニーをするのですが、中々おさまりません。そして夜になって主人になんとなく伝えるんですけど、主人はすぐに寝てしまいます。付合ってる時からもエ〇チは少ない人でした。でも当時は私もエ〇チは好きではなかったので、良かったと思っていました。ところが、30近いからでしょうか?今だけなのでしょうか?毎日ムラムラしてしまいます。週刊誌の色々なエ〇チな体験談を見ていると、さん凄い体験をされています。私はこのまま何もしないで、性欲が無くなるのを待つしか無いのでしょうか?と毎日考えていました・・・そんな時、マンションのお隣に男の人が引越してきました。その人は見た目が派手で、ちょっと恐い感じのチンピラ風でした・・・引越を見た限りでは、独り身のようでした。特に挨拶には来ませんでしたけど、逆にホッとしました。

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2019年11月11日 22時20分

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク