トップページ » ゆるりと ひじきそくほうの記事一覧

ゆるりと ひじきそくほうの記事

  • 1 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:31:07 ID:A01RzOvB3 どうしよう…… 嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだがwwwww2 :名無しさん:2014/04/02(水)06:31:42 ID:G4NjlUsxDよっしゃホモスレやんけ4 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:32:10 ID:s1PUz20Zj どうしようと言われても…5 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:34:32 ID:iqVuxOdn6 どうせこっちが偽装家庭でしたくらいだろ6 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:34:38 ID:A01RzOvB3 昨日の夜にカミングアウトされて、今ネカフェにいる嫁から鬼コール来てるし、ラインはずっとピコンピコン鳴ってるでも帰るのが辛い……(´;ω;`) 9 :ぺぷ氏◆.EZKtIGDiQ : 2014/04/02(水)06:35:28 ID:kdQMIOHrX 実は性転換した元男とか10 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:35:33 ID:AyVOtTZpV いいからはよ11 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:35:37 ID:IJemYiclP イライラするから早く内容書けよ

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2021年04月08日 05時20分
  • 当時、俺は特に暗いわけでもなく、かといってクラスの中心的存在でも無いごくフツー の高校3年生で、年相応に色気づいて身だしなみなんかには気を使い始めていたものの、実際に女と話しをするのは苦手(赤面症)という奥手な高校生だった。 異性を巡る華やかな出来事には縁がなく、不満はないけど満足感には欠ける少なくとも 青春真っ盛りという生活とはかけ離れた毎日を過ごしていた。 一方、勉強面はといえば、私立で一応進学に力を入れていた学校だったから、そっちの 方面はそれなりに忙しかった。 特に3年になると正規の授業の他に「補講」と呼ばれる週2回放課後に実施される受験 対策の補習が始まって、補習当日は特別な用事のある生徒以外は各自が事前に選択 した科目を受講することが半ば義務付けられていたりもした。 その補講で俺は英語と古典を選択していた。 大抵は主要教科である英語や数学、あるいは社会や理科の選択科目を組み合わせて 受講する生徒が多く、古典を選択するっていうのは少数派だったんだけど、俺は元々 古典が苦手だったことと、古典の担当教諭が実は俺が密かに憧れていたクラスの副担任の先生だったこともあって、俺は殆ど迷うことなく古典を受講科目に選んでいた。 つまり俺としては補講を通じて副担任の先生と多少なりとも親しく話せる機会があれば いいなーというやや不純な動機も...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2021年04月06日 05時20分
  • はじめまして、これから私が体験した異常な出来事をみなさんにお伝えしたいと思います。私は、都内に住む30代前半の平凡?なOLです。容姿にはそれほど自信はありませんが、特に男性から敬遠されるような顔かたちではないと思います。しかし、三十路をすぎたいままで、恋愛らしい恋愛もせずになんとなくここまできてしまいました。 友達はみんな結婚・出産と、女としての人生を無事送っていますが、私はヘンなプライドと理想の高さから、この歳を迎えてしまいました。しかし、耳年増という言葉があるように、歳相応の性の知識は持ち合わせているつもりでした。それが あんな経験をするなんて・・・。  私は男性経験が乏しいせいで、ある片寄った性癖を持ち合わせていました。それは、男性の性器そのものに異常に興味があるということです。特に、男性がマスターベーションをしているところや、男性自身が勃起しているところを直に見てみたい!という衝動に駆られてしまう時があります。実際に、以前公園にある公衆便所の男性用の個室に隠れて、男の人が用を足しにきたところを覗き見たことがあります。しかし、そんなことでは到底わたしの欲求を満足させることはできませんでした。若ければ風俗のお店に勤めればすぐ済むことでしょうが、私の歳では・・、それにプライドもありますし。そんなことを考え続けて思いついたというか、苦肉の策として浮かん...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2021年02月11日 05時20分
  • 1:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/15(水) 12:28:15 ID:X00WKdtw男「相変わらずいいおっぱいしてんなー」ニヤニヤ幼なじみ「ま、毎朝毎朝セクハラやめてよ!」男「これやんないと1日が始まんないんだよ」幼なじみ「し、知らない!もうわたし先行くからね!」クル男「すきあり!」バッ幼なじみ「きゃあああ!」 2:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/15(水) 12:33:08 ID:Nx42SgLU男「白はいいねー、純白はいいねー」ニヤニヤ幼なじみ「な、なにすんのよ!スカートめくりなんて子供のする事じゃない!」男「いやいや、幼なじみのパンツは毎日チェックすると決めてるからな」幼なじみ「こ、この変態!セクハラ魔!もう知らない!」ダダダッ男「あーあ、いっちゃった」男「あと5モミはしたかったのに」ワキワキ 3:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/15(水) 12:35:56 ID:z.3w94j2ガラッ幼なじみ「はー、はー」幼友「おはよー、ってどうしたの?朝から息きらして」幼なじみ「な、なんでも、ないよ」ハアハア 4:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/15(水) 12:38:40 ID:WvH6SH3Eガタ幼なじみ「ふー」幼なじみ(まったくもう!毎朝毎朝……)イライラ幼...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2021年02月11日 05時20分
  • 1:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:41:41.10 ID:34FsfU7H0ちょっと胸糞悪い自分+妹語りスレ 書き溜めてないから遅くなる 2:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:44:59.24 ID:0M4OyjSbOどう変わったの? 7:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:55:29.14 ID:34FsfU7H02 それはまあのちのち 3:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:45:28.26 ID:GaGFouAQ0胸糞悪いのかぁ… 4:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:45:37.95 ID:34FsfU7H0事の発端は両親の離婚だった。 離婚原因は母親の浮気。 度重なるホスト通いが貢ぎ行為に発展、 自分の金がなくなり、マイホーム予算に手を出す、 父にバレる、離婚…という流れ。 当時私が中1で妹は小5。 姉妹揃って父親側に付きたいと言ったが、 裁判所は私たちの親権を母親に渡した。

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2021年02月11日 05時20分
  • 女性自衛官との性交について記す。 少し昔のことだ。16~7年前くらいだろうか。  最近、「女性自衛官」という言葉に替わったが、ついこの前までは「婦人自衛官」と言った。この婦人自衛官のことを、陸上自衛隊では「WAC」という。 Women's Army Corps の略である。婦人自衛官というよりも、この英語の訳なら、むしろ「女軍」というほうが正しかろう。  婦人自衛官制度そのものは昭和20年代からあるが──看護婦の自衛官は昭和27年、一般の婦人自衛官は昭和43年から採用されている。 旧態依然に見える自衛隊の、一風変わった進歩具合も見えなくもない──、私が勤務していた部隊にWACが配置されるようになったのは、 ようやく平成に入ってからである。  私は当時、3曹になって5年目、仕事にやりがいもあったが、今思えば稚気にあふれていた頃でもあった。  自衛隊では、一般の企業などとは違って、かなり長期間にわたって教育をほどこす。 わかりやすいところでは、防衛大学校の4年というのもかなり長いし、一般の隊員でも1年以上は教育期間である。 素直に考えれば当たり前のことで、ほかの知識・技術なら高校や大学、 また専門学校で学ぶことも出来るだろうが、平和日本のどこの学校で、造兵学だの安全保障論、機関銃の撃ち方やら榴弾砲の構造、人の頚椎の折りかたなど教えるだろ...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2021年02月11日 05時20分
  • 先月の休みの日のことです。 本当はその日、彼氏と遊びに行くはずだったんだけど、前の晩につまらないことで口論になって、結局大げんか。泊まっていくはずだった彼氏は怒って帰ってしまったのです。 それで次の日、しょうがなく部屋で一人でごろごろしてたんですけど、退屈でしょうがなかったので(ちょっとした興味もあったし)ぐぐって捜した2ショットチャットに入ったんです。 どこのチャットだったかはもう忘れちゃいましたけど、背景が黒だったのは覚えています。 地域別に別れていたので、私の住んでる地域を選択して部屋を作って待っていました。 ”退屈なのでお話ししませんか”って感じだったかな。 作ってすぐに何人かの男の人が入ってきたけど、みんなすぐに電話とか会おうとかって話ばっかりだったので、 (いきなり下着の色を聞いてきた人もいました。あと、やりたいの?とか濡れてるの?とか・・・) それはさすがにちょっと嫌だったので、そういうのが目的じゃないことをいって謝ったりしてたんですが いきなり落ちていく人や逆ギレする人、それでもしつこくソッチ方面の話する人ばっかりだったのです。 (あ〜、なんかやだなぁ、でもこんなもんなのかなぁ) って思って部屋を閉じかけた時でした。 名前は確か、”かず”って名前だったと思います。一人の男の人が入ってきました。 「こ...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2021年02月11日 05時20分
  • 大学に入学して最初に入部した文化会の部とは別に、2年生になった頃、もうひとつ別のサークルにも入部した。 部員数は50名くらいだったかな。活動内容は、とっても特徴的なので。もしかしたら、それが元であたしの大学がバレるかも。なので、ここでは発表しませんが^^ 4年生の頃。あたしの彼氏さまは、卒業後に留学してしまって。。 留学後1年くらいは連絡を取り合っていたんだけど、なんとなく音信も途絶え気味になり。自然消滅?という流れに入っていました。 そういう噂はどこから広まるのか。 リサとその彼氏は破局したという説が サークル内の通説になっていました^^; そのサークル内に、雅彦君という当時2年生の後輩がいました。 東北出身。ご当地では県下一番の進学校出身だそうで。。 入部当初は、俺が一番だ!と、とても威勢の良い子でしたが、 渡る世間は広いもの。。 周りにいるツワモノに早くも飲み込まれ。。意気消沈。 そのまま幽霊部員になるかと思いきや。。 見事な転身、筆頭宴会要員に路線変更。 まぁ。。とっても元気な子で。。実は性格も良いし。 あたしの中では高感度No.1の後輩でした。 あたしの容姿がそうさせるのか、性格がそうなのか。。 特に男子の後輩からは「姐さん」と呼ばれていた。 それに呼応するように、あたしもそんな男子の後輩に対...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2021年02月11日 05時20分
  • 私は42歳、妻は41歳です。まさか・・・私のその気持ちは1本の友人の電話からでした。1ヶ月ほど前でした。私は会社でお昼の休憩を終えようとしていた時でした。その時、携帯に友人からの着信がありました。「俺だよ! どこで打ってるの? 駐車場だけどお前の車の横が空いてたからさ!」私は友人の言ってる意味がよく理解できないまま「お前こそなんか間違ってね??」と言い返しました。 その状況はこうでした。友人は空調関係の仕事をしてますが、お昼から仕事が入っておらず、パチンコに行こうと思い立体駐車場に入り空きスペースに停めたら偶然我が家の所有の車の横だったらしく、友人はてっきり私がパチンコをしてると思い、電話してきたのです。最初は友人の勘違いかと思い、ナンバーを言わせると、間違いなく我が家の車・・・私意外に運転するのは妻しかおらず、妻が通勤に使ってます。私は電車通勤・・・妻がパチンコ?タバコの煙が大嫌いで家でも私は吸えない状況なのにあんな煙だらけのパチンコ店に妻が?それに今日も仕事なはず・・・私は頭の中が少しパニックになりかけてましたが、とにかく友人にパチンコ店を聞き、そして店内に妻が居るかどうか探して欲しい事をお願いしました。私は、外回りに出かけると言って、会社を出て、すぐにそのパチンコ店に向かいました。

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2021年02月11日 05時20分
  • 結婚して2年目の主婦です。夫は、とても真面目な人です。私もどちらかと言うと真面目な方で、若い時もあまり派手に遊ぶようなキャラではありませんでした。ですから、平凡ですけど、人並み以上の生活が出来て満足していました。でも、唯一の悩みは、最近ドンドン増してきた性欲でした・・・若い頃は人より少なかったと思います。経験人数も3人だけで、オ〇ニー以外ではイッた事はありませんでした・・・ それで、最近はずっと家にいるので、時々ムラムラとしてしまい、昼間からオ〇ニーをするのですが、中々おさまりません。そして夜になって主人になんとなく伝えるんですけど、主人はすぐに寝てしまいます。付合ってる時からもエ〇チは少ない人でした。でも当時は私もエ〇チは好きではなかったので、良かったと思っていました。ところが、30近いからでしょうか?今だけなのでしょうか?毎日ムラムラしてしまいます。週刊誌の色々なエ〇チな体験談を見ていると、さん凄い体験をされています。私はこのまま何もしないで、性欲が無くなるのを待つしか無いのでしょうか?と毎日考えていました・・・そんな時、マンションのお隣に男の人が引越してきました。その人は見た目が派手で、ちょっと恐い感じのチンピラ風でした・・・引越を見た限りでは、独り身のようでした。特に挨拶には来ませんでしたけど、逆にホッとしました。

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):ゆるりと ひじきそくほう
    2021年02月11日 05時20分

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク