トップページ » Samurai GOALの記事一覧

Samurai GOALの記事

  • 1: 2020/05/13(水) 09:21:18.73 Jリーグが、今季のルヴァン杯で21歳以下の選手の出場ルールの撤廃を検討していることが12日、分かった。 2017年より東京五輪世代強化を目的に、21歳以下の日本人選手を1人以上先発させる規定を設けた。若手の出場機会増加につながったが、今季は新型コロナウイルスの感染拡大によるリーグ中断で、再開後は過密日程が決定的。各クラブとも厳しいチーム編成を強いられることから、規定に縛られずに起用できるように検討しているようだ。  また、日本協会とJリーグが、今季からJ2とJ3で導入したU―21選手出場奨励ルールも中止となる見込み。 21歳以下の日本人選手の出場を促すことを目的に、J2は年間3780分以上(目安・90分×42試合)で1クラブあたり300万円、J3は年間3240分以上(同90分×36試合)で同200万円が支給されるというもの。 だが今季に関しては、この財源をウイルス対策に充てた方がいいと判断したようだ。 5/13(水) 6:00 スポーツ報知 https://news.yahoo.co.jp/articles/e4138f9010fcc612ee7f12eaf913eb565e24824c

    カテゴリ:芸能・スポーツ
    サイト(当サイト内へのリンク):Samurai GOAL
    2020年05月13日 22時01分
  • 1: 2020/05/13(水) 10:10:08.59 トレーニング再開前に陽性者が出たフィオレンティーナ、ウルグアイ代表DFカセレスが感染 トレーニング再開に向けた検査で、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が6名発覚したフィオレンティーナ。その1人は、ウルグアイ代表DFマルティン・カセレスだったようだ。 ウルグアイ『エル・パイス』などスペインや南米の複数メディアによると、フィオレンティーナで見つかった陽性者6名のうち3名が選手であることは事前に発表されていたが、12日にそのうちの1名がカセレスであったことがわかったようだ。 なお、ヨーロッパでプレーするウルグアイ人選手としては、エスパニョールのDFレアンドロ・カブレラに続いて2人目の感染者となる。 カセレスは、フィオレンティーナのクラブドクターであるルカ・ペンゲ氏によって明かされ、他の2選手とともに無症状であるという。なお、これにより、フィオレンティーナのトレーニング再開が延期になることはないようだ。 イタリアでは、新型コロナウイルスの感染が爆発したこともあり、セリエAが中断された他、ロックダウン(都市封鎖)の措置が取られ、各クラブの選手たちは自宅隔離されることとなっていた。 選手にも次々と感染者が出る中、イタリア国内での感染者増加が緩まってきたこともあり...

    カテゴリ:芸能・スポーツ
    サイト(当サイト内へのリンク):Samurai GOAL
    2020年05月13日 22時01分
  • 1: 2020/05/13(水) 12:59:29.12 トルコメディア「Sabah Spоr」は、同国1部ベシクタシュが日本代表DF長友佑都(33=ガラタサライ)の獲得を計画していると報じた。今季限りで契約満了となる同国代表DFジャネル・エルキン(31)の代わりに、ライバルクラブで処遇が宙に浮いた日本のスター選手に注目しているという。  長友は昨年11月の欧州チャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリード(スペイン)戦で凡ミスを連発。6失点と大敗した試合の“戦犯”としてサポーターから批判が殺到した。さらにファティ・テリム監督(66)の構想外となり、同戦後はベンチメンバーから外れることも多くなった。今年1月にはイタリア1部ボローニャへの移籍が確実視されたが、土壇場で破談。残留したガラタサライでは選手登録も外れており、契約満了となる今夏の去就が注目されている。  一方、ベシクタシュは昨季まで日本代表MF香川真司(31=サラゴサ)が所属していたクラブで、複数の日本企業がチームをサポートする。同メディアが「日本のスター」と評した長友の獲得でさらなるPR効果を得る目的もありそうだが、Jリーグ復帰もささやかれる。長友はどこに向かうか。 5/13(水) 11:30https://news.yahoo.co.jp/articles/b3873b5e8...

    カテゴリ:芸能・スポーツ
    サイト(当サイト内へのリンク):Samurai GOAL
    2020年05月13日 22時01分
  • 1: 2020/05/13(水) 13:30:04.393 リードしてるときとかこれで永遠に時間稼いで勝ちじゃね

    カテゴリ:芸能・スポーツ
    サイト(当サイト内へのリンク):Samurai GOAL
    2020年05月13日 22時01分
  • カテゴリ:芸能・スポーツ
    サイト(当サイト内へのリンク):Samurai GOAL
    2020年05月13日 22時01分
  • カテゴリ:芸能・スポーツ
    サイト(当サイト内へのリンク):Samurai GOAL
    2020年05月13日 22時01分
  • カテゴリ:芸能・スポーツ
    サイト(当サイト内へのリンク):Samurai GOAL
    2020年05月13日 22時01分
  • カテゴリ:芸能・スポーツ
    サイト(当サイト内へのリンク):Samurai GOAL
    2020年05月13日 22時01分
  • 1: 2020/05/13(水) 13:06:52.39 サッカーのブラジル1部、ボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑(33)が13日、音声コンテンツの配信サービス「Now Voice」を更新。「プロの世界に指導者ライセンスはいらない」と訴え、現役のJリーガーや日本代表の選手たちに対し、サッカーの指導者ライセンス制度の撤廃に向けて動くよう強く呼びかけた。  本田は「サッカーの指導者にプロライセンスは絶対にいらない」「ライセンスを取らないと指導できないのはナンセンス」「誰もが監督になれる扉は作っておくべき」などと持論を展開。「日本がもっと強くなっていこうと考えれば、ライセンスをなくすことをJリーグが独自でやるべきだと僕は思っていますね」と提言した。  Jリーグや日本代表でプレーした選手が引退後、数年かけてライセンスを取得している現状を挙げ「すぐに監督になれた方がサッカー界にとって確実に有益」と指摘。サッカー経験者以外にもプロ監督の道を開くことができれば、「他業種から優秀なマネジメントできる人が成績を残すのもあり得る」「有名な人を連れてくることでクラブに人気が出るのもあり得る」と例示した。  さらに、究極論として「横にいる人間たちがサッカーを知っていたら、トップはサッカーを知らなくても人心掌握術、マネジメントだけできれば十分」と言い切っ...

    カテゴリ:芸能・スポーツ
    サイト(当サイト内へのリンク):Samurai GOAL
    2020年05月13日 22時01分
  • 1: 2020/05/13(水) 17:55:28.60 トルコのサッカー選手が5歳の息子を殺害したと自供して逮捕される衝撃の事件が起きた。トルコでの報道を元にスペイン紙『マルカ』など各国メディアが伝えている。 逮捕されたのは32歳のDFジェヴヘル・トクタシュ。トルコ4部にあたるアマチュアリーグのブルサ・ユルドゥルムスポルでプレーしていた。若手時代の2008/09シーズンにはトルコ・スーパーリーグのハジェッテペでの出場経験もある選手だった。 5歳だったジェヴヘルの息子は4月23日に死去。新型コロナウイルス感染による呼吸器の問題により死去したとみられていたが、ジェヴヘルは自身が殺害したことを警察に自供したとのことだ。 伝えられる自供内容によれば、新型コロナウイルス感染が疑われる症状により入院した息子と病室で2人になったジェヴヘルは、約15分間にわたって枕を息子の顔に押し当てて窒息させたという。息子が動かなくなったあと同選手は医者を呼び、息子は集中治療室へ運ばれて処置を受けたが助からなかった。 それから11日後の5月4日にジェヴヘルは警察に出頭し殺害を自白。動機としては「理由は分からないが、産まれた時から息子を愛していなかった」と話したという。同選手は逮捕されており、終身刑となる可能性が高いとの見通しも伝えられている。 ソース/F...

    カテゴリ:芸能・スポーツ
    サイト(当サイト内へのリンク):Samurai GOAL
    2020年05月13日 22時01分

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク