トップページ » 腹筋崩壊ニュースの記事一覧

腹筋崩壊ニュースの記事

  • ビットコインが再び高騰しているようで、未だ心の傷は癒えません。 さて、前回は広く一般に受け入れられている「お金」の起源や歴史について、簡単に眺めてみました。 しかし、その定説は本当に正しいのか。 今回からは、その辺についてちょっぴり考えてみたいと思います。 お金の起源? お金のない世界 現代の世の中から「お金」だけがスッポリとなくなったら、我々の生活はいったいどのようになるでしょうか。 物々交換するしかありませんね。 しかし、物々交換で生きていこうとすると、想像するだけで気が滅入る手順が必要になります。 朝ごはんを食べようとすれば、パン屋と牛乳屋に行って、物々交換をすることになるわけですが、自分が必要な分のパンや牛乳とぴったり釣り合う価値の何かを持っていかなくてはなりません。 さらに、仮に自分が鉛筆を持っていたとしても、パン屋や牛乳屋がそれを欲しがっているとは限りません。 パン屋に「鉛筆じゃなくてタバコが欲しい」などと言われたら、先に鉛筆とタバコを交換してくれる人物を見つけなくてはなりません。 これが毎日毎日続くようでは、わらしべ長者だって挫けてしまいます。 不都合な事実 このメンドくささを流れにすると、こうです。 自分の欲しいものを物々交換で手に入れる日々。  ↓ 都合よく欲しいモノと自分の持っているモノを交換してくれる相手を探すのは、超大変。  ↓ 「大麦だけは、...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年08月15日 19時20分
  • 先月の半ばくらいのこと。 いつもよくしてもらっている某ブロガーさんから、仮想通貨への投資が熱いよ!と教えてもらいました。 「ビットコインがバブルっぽい」みたいなニュースはチラチラ目に入ってきていたので、良い機会と思い30,000円分くらいビットコインを買ってみたところ、順調に下落していってワロタw 結局、30,000円が22,000円ほどになったところでビビって現金化。 その直後、ビットコインは再び暴騰していき、自分に投資の才能が全くないことを確認できました。 ま、クヨクヨし続けるのも紳士的な態度ではありませんので、ここはひとつ「お金」というものについて改めて考えてみる良い機会をもらったと考えたいと思います。 お金とは信用 というわけで、お金。 手元にある1万円札の物質的な価値は、メモ用紙程度です。 模様があってメモしにくい分、それ以下かもしれません。 トイレットペーパーやティッシュにするには硬すぎるし、包装紙に使うには小さすぎます。 「どうだ明るくなったろう」的に使えば、マッチ1本程度の価値にはなります。 では、なぜ人はこれほどまでにお金に執着するのか。 それは、その1万円でモノを買えるからに他なりません。 国のお墨付き で、なぜお金でモノを買えるかと言えば、それはその価値を国が保証しているからです。 日本銀行が発行する銀行券(以下「日本銀行券」という。)は、法貨...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年07月24日 23時40分
  • はい。 前回の記事で、どうやら旧約聖書にはいくつかの元ネタがあって、それを繋ぎ合わせた形跡があるっぽいことが分かりました。 天地創造とかいうガバガバストーリー ちょっと今回は、エジプトがどうとかそういう話はいったん置いときます。 その前に、そもそも「旧約聖書」は一体どういう書物なのか。どのよう... fknews-2ch.net 天地創造は繋げ方がわりとシンプルで、2つの元ネタが前半後半と綺麗に分かれていましたが、他のエピソードではもっと複雑にコピペされています。 今回は、有名な「ノアの箱船」を事例として見て頂きます。 ただ、どうしても原文を読むことになるので、かなりかったるいかも。 なんとか歯を食いしばってよんで頂ければ、旧約聖書が巧妙に切り貼りされた書物であることを実感してもらえればと思います。 ノアの箱船の場合 それでは早速、大洪水の部分を読んで見ましょう! ・各段落頭の数字は、○章○節の意味。 ・違和感のある箇所に補足を入れています。 創世記第6章5節〜8章20節 06:05 主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、 06:06 地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。 ↪︎後悔するあたりの人間っぽさ 06:07 主は言われた。「わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけで...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年07月21日 18時20分
  • 日本書紀によれば、初代の神武天皇が即位したのが紀元前660年のこと。 それからずうっと天皇の血脈が続いることになっていて、名目上は2017年時点でなんと2677年もの歴史があることになります。 さすがに日本書紀や古事記の内容がそのまま史実だとは言えませんが、それでも、大和王朝は古代から連綿と続いてきたことになっているのであります。 日本だけが一本線の世界史年表 日本のルーツはどこか 邪馬台=大和? 大和王朝が古代から連綿と続いてきたとするならば、「邪馬台国」が大和王朝のルーツであるという考えはごく自然です。 そうなると、「邪馬台国」は「やまと国」と読みたくなったりもします。 一時期は、偉大なる大和王朝が中国に朝貢していた事などあってはならないみたいな風潮があって、邪馬台国と大和王朝は別物とされてたこともありました。 でも、今やそうした変なナショナリズムも無くなり、畿内説・九州説問わず、邪馬台国=大和王朝と考える論者はとても多いのです。 しかし残念ながら、日本国内には古代日本の様子をうかがい知る事にできる資料がありません。 最古の歴史書と言えるのは、712年に編纂された「古事記」と、720年の「日本書紀」しか無いのです。 中国の史書 そこで役に立つのが、お隣中国の歴史書。 中国という国は、殷→周→春秋戦国→秦→前漢→後漢→三国→晋→南北朝→隋→唐→宋→元→…という具合に目...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年06月11日 19時00分
  • ちょっと今回は、エジプトがどうとかそういう話はいったん置いときます。 その前に、そもそも「旧約聖書」は一体どういう書物なのか。どのようなプロセスで書かれたものなのか。 先にその辺についてまとめておいた方が、後がスムーズになるかなと思いまして。 といわけで、今回はちと寄り道です。 旧約聖書とはどういう書物か 構成 旧約聖書は、1冊の本ではありません。 ユダヤ教とキリスト教で並び順は微妙に異なりますが、基本的には39の独立した文書をひとまとめにしたものが、旧約聖書なのであります。 いちおうユダヤ教の場合の構成を書き出してみると、 律法 創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記 預言者 ・前預言者  ヨシュア記、士師記、サムエル記、列王記 ・後預言者  イザヤ書、エレミヤ書、エゼキエル書、ホセア書、ヨエル書、アモス書、オバデヤ書、ヨナ書、ミカ書、ナホム書、ハバクク書、ゼパニヤ書、ハガイ書、ゼカリヤ書、マラキ書 諸書 ・真理  詩篇、箴言、ヨブ記 ・巻物  雅歌、ルツ記、哀歌、伝道者の書、エステル記 ・その他  ダニエル書、エズラ記、ネヘミヤ記、歴代誌 という感じ。 このうち、「律法」と呼ばれる最初の5冊はモーゼが書いたと言い伝えられており、特に重要な書物とされています。この5冊は、イスラム教でも聖典扱いです。 とはいえ、もちろん残りの書物も大事。 それぞれ、各時代の...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年05月23日 05時22分
  • 「邪馬台国」なる国はどこにあったのか。 「卑弥呼」なる人物は誰なのか。 古代の日本を探る上で避けては通れない、日本史における最大のミステリーの一つであります。 少なくとも江戸時代から、この問題については多くの議論が交わされてきたみたい。しかし、それから300年以上経った今もなお、解決の兆しは見えません。 今回は、なぜ邪馬台国に関する議論が未だに決着を見ないのか、知ったかぶりできる程度にまとめてみようと思います。 魏志倭人伝 3世紀の中国は、三国に分かれてその覇を競っていました。 蒼天航路大好き その三国のうちの最大勢力である「魏」と「倭」は、お互いに使者を交わしていたとされています。 当時の倭は一つの国ではなく、少なくとも100以上の国に分かれていて、日本列島を統一した国家はありませんでした。 そして、その国々のうち30国程度が、それぞれ個別に魏と朝貢関係にあったようです。 その魏に朝貢していた国の中でも最も有力だった国の一つが、邪馬台国でした。 魏と倭はそこそこ関係性が深かったこともあり、魏の使者が倭を見聞した内容が、歴史書「三国志」の中に記録されています。 厳密に言うと、「三国志」の30巻目にあたる「烏丸鮮卑東夷伝」の中の「倭人の条」という部分。 これが、通称「魏志倭人伝」。邪馬台国に関する、最古にして最大のソースであります。 倭についての記述はたった2000文字...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年05月21日 05時21分
  • 長い間、旧約聖書という書物は「神から預言者へ直接伝えられた啓示」をそのまま書き留めたものという位置付けでした。 であるからして、そこに書かれた内容に間違いなどないはず。 となると自動的に、旧約聖書に描かれたイスラエルの民の壮大な歴史もまた「真実であるはず」でした。 しかし。 前回までに見てきたとおり、旧約聖書はどうもコピペという線が濃厚です。 そこで今回は、旧約聖書が成立するまでの過程について眺めて見たいと思います。 旧約聖書とモーセ 旧約聖書は、39の文書の集まりでしたね。 このうち、最初の5つ(創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記)は、預言者モーセが直々に書いたものと言い伝えられ、特別に「モーセ五書」と呼ばれます。 モーセはB.C.紀元前13世紀頃の人物とされていますので、「モーセ五書」もまた、その頃に書かれた書物ということになります。 預言者モーセ。B.C.1391〜B.C.1271。長生き過ぎ。 その内容は、天地創造からモーセの死までの歴史。そして、いくつもの教義や規定集。 内容的にも著者的にも、「モーセ五書」はユダヤ教の中心であり、他とは段違いに重要な聖典なのであります。 本当の著者は? 「モーセ五書」はモーセが書いた。 これは、少なくとも中世までは「疑いようのない常識」でした。疑ったら教会にぶっ殺されるという意味で。 しかし、よく読み込んでみると、...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年05月08日 05時20分
  • 前回の記事で、魏志倭人伝の記述は、とりあえず九州に上陸するまではそこそこ正確っぽいことが分かりました。 そう、ここまではね。 問題は、そこから先。 普通に行くと海の上になっちゃう。 そこで、魏志倭人伝の記述を読み換える必要が出てきます。 かの有名な「畿内説」と「九州説」は、魏志倭人伝の記述のどこを間違っていると見なすかという点が一つの対立軸なのであります。 畿内か九州か 畿内説 単純に言うと、畿内説は「方角が間違っているよ」というスタンス。 「不弥国から南へ水行20日で投馬国へ至る」の部分を、あえて東に進んでみる。 つまり、瀬戸内海をグイグイ進んで行きます。 畿内説の場合の行程 そうすると、若干距離に誤差はあるものの、見事に畿内へと到達します。 この行程は一つの説で、他に日本海ルートや太平洋ルートもあるので、わりとあやふやです。 九州説 一方の九州説は、「距離が間違っているよ」というスタンスです。 そもそも、魏志倭人伝には、帯方郡から邪馬台国までトータル12,000里と書かれています。 そして、帯方郡から伊都国までの距離を足して行くと、既に10,500里ほど進んでいます。 帯方郡〜狗邪韓国:7,000里 狗邪韓国〜対馬国:1,000里 対馬国〜一支国:1,000里 一支国〜末盧国:1,000里 末盧国〜伊都国:500里 伊都国は「福岡県糸島市」なので、そこから南方...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年05月01日 22時20分
  • ロビー活動がどうちゃらと続けてきましたが、ここまで来たら、いちおう「お金」についても触れなくてはなりません。 というわけで、まずはこの名言。 政治家にとって、お金は母乳なのである。 あるアメリカの議員が残した有名な言葉です。 この言葉の意味することは、「お金によって議員は育つもの」「お金は議員にとって必要不可欠なものである」ということです。 議員の給料 議員なんだからバッチリ給料もらってるだろうが!!と言いたい方のために、ちょっと彼らの給料を見てみましょう。 アメリカの上院議員の年収はおよそ1800万円($174,000)。 なんか思ったより少ない…。 ただ、アメリカ人というのはわりかしお金にはきっちりしていて、報酬と経費は分けて考えるべきという価値観が浸透しています。 彼らからすると、議員の報酬というのは、あくまで「議員としての働きへの対価」。 議員としての政治活動にかかる諸費用は、報酬とはキチンと区別され、「手当」として支給されるのです。 議員の手当 諸費用というのは、要するに人件費とか事務所の維持費とかのこと。 標準的な上院議員のオフィス アメリカの議員の最大の仕事は、自分の支持者の意に沿った法案を起草して議会を通すこと。 従って、まず大前提として、法律の知識に長けた「立法担当秘書」が絶対必要になります。一人では複数の分野を網羅できませんので、当然複数人必...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年04月28日 05時20分
  • 常識的に、旧約聖書の舞台はパレスチナだとされています。 聖書考古学者は、旧約聖書で描かれたイスラエル人の歴史を裏付けるため、パレスチナを熱心に発掘し続けてきました。 しかし前回見た通り、その発掘成果は哀しい…あまりに哀しいものでした。 パレスチナでは何も見つかっていない 最初にちょっとおさらいになりますが、旧約聖書にはだいたい次のような歴史が書かれています。 超適当な年表 B.C.2100年 メ... fknews-2ch.net パレスチナ説の根拠 説というより大前提みたいな扱いですが、そもそもなぜ旧約聖書の舞台はパレスチナだと考えられているのでしょうか。 それには大きく2つの理由があります。 遺跡がある 誰のものかは分からないけど、とにかく一応遺跡があることはある。 特に、メギド、ハツォル、ベエル・シェバという3つの代表的な遺跡は、「聖書ゆかりの遺丘群」などと銘打たれ、ちゃっかり世界遺産にも登録されています。 メギド ハツォル ベエル・シェバ しかし実際には、この中のどれ一つとして、旧約聖書との関連性は証明されたものはありません。 にも関わらず「聖書ゆかりの遺丘群」と認定されているのは、 ・旧約聖書に登場する地名と似てる ・旧約聖書時代の遺跡 というたった2つの理由から。なんとも薄い根拠であります。 「嘆きの壁」に代表されるヘロデ神殿の遺跡は...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年04月25日 05時22分
  • 旧約聖書の原文にある「msrym」という単語。 これは、一般的には「エジプト」を意味する単語とされていますが、どうも怪しいというのが前回の内容でした。 B.C.3世紀に旧約聖書はヘブライ語からギリシャ語に翻訳されたわけですが、それより古い時代に「エジプトをミツライムと呼んだ事例」は一つも見つかっていません。 この時点で、七十人訳聖書が「msrym」を「エジプト」と翻訳したことに、何の根拠もないことがわかります。 そして、さらに調べてみると、「msrym=エジプト」ではどうも違和感のあることがいくつも見つかるのです。 今回は、その違和感について。 エジプトの象徴 エジプトと言えばピラミッド 高さ147m アレクサンダー大王やヘロドトス、ナポレオンなど、多くの軍人や歴史家がこれまでエジプトを訪れましたが、彼らはエジプトについて思い起こす時、必ずピラミッドについて触れてきました。 特にギザの大ピラミッドは、B.C.2560年の完成から実に4000年以上もの間、世界で一番高い建造物でした。 2次元から3次元へ 我々の嫁についての話ではありません。 人類の飽くなき挑戦についての話です。 2次元(平面)から3次元(立体)へ。 これは遥か昔... fknews-2ch.net このインパクトは強烈で、エジプトと言えばピラミッドというくらいのイメージを、訪れた者の心...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年04月19日 05時20分
  • みなさま明けましておめでとう御座います。 年末年始を挟み、そしてちょっぴり更新をサボったら、すっかりこれまでの内容を忘れてしもうたw なので、おさらいを織り交ぜながらいきますね。 エジプト? この一連のシリーズの取っ掛かりは、「出エジプト記の舞台はエジプトじゃないのでは?」という疑問。 出エジプト記(エジプトとは言っていない) 全39巻に及ぶ旧約聖書の2巻目にあたる、「出エジプト記」。 旧約聖書の中でもひときわストーリー性に富んでおり、「モーゼが海を割... fknews-2ch.net 旧約聖書とエジプトの無関係具合 旧約聖書の原文にある「msrym」という単語。 これは、一般的には「エジプト」を意味する単語とされていますが、どうも怪しいというのが前... fknews-2ch.net 記録がない 大量のイスラエル人がエジプトから亡命したとされる、出エジプト。 旧約聖書には、「60万人の男とその家族」と書かれていますので、総勢200万人とかそういうレベルの人間が亡命したわけです。 これはもう大事件ですよ。 にもかかわらず、その記録はサッパリ見つかりません。 古代エジプトは、文書(碑文やメモや落書き)がわりと豊富に見つかっているのですが、どういうわけか出エジプトに関する記録だけは、サッパリ見つかりません。 まあ人数がかなり誇張され...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年04月09日 05時20分
  • 最初にちょっとおさらいになりますが、旧約聖書にはだいたい次のような歴史が書かれています。 超適当な年表 B.C.2100年 メソポタミアの遊牧民アブラハムが、神の指示でパレスチナに移住。 B.C.1700年 アブラハムの孫たちがパレスチナからエジプトに移住するが、やがて奴隷に。 B.C.1280年 モーセに率いられてエジプト脱出。 B.C.1220年 モーセの後継者ヨシュアが、パレスチナに攻め込み、次々に敵を倒す。 B.C.1021年 統一イスラエル王国を建国。 ↓ ダビデ王、ソロモン王が優秀で、栄華を極める。 B.C.922年 ソロモンが死に、内紛発生。 ↓ イスラエル王国とユダ王国に分裂。 B.C.722年 アッシリアに攻められてイスラエル王国滅亡。 B.C.587年 バビロニアに攻められてユダ王国滅亡。 ↓ バビロンに強制移住※バビロン捕囚。 B.C.539年 バビロニアがペルシャに滅ぼされ、自由の身になる。 ↓ 一部のイスラエル人はエルサレムに帰る。 B.C.333年 その後は、マケドニア→プトレマイオス朝エジプト→セレウコス朝シリアに、順番に支配される。 でも頑張ってエルサレムでの自治を勝ち取る。 B.C.143年 一瞬独立する。 B.C.63年 ローマに支配される。 この流れをなんとなく踏まえた上で、まあ読んでみてください。 証拠 まず大前提として、大...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年04月08日 05時21分
  • 全39巻に及ぶ旧約聖書の2巻目にあたる、「出エジプト記」。 旧約聖書の中でもひときわストーリー性に富んでおり、「モーゼが海を割った」や「神様から十戒を授けられた」といった、よく知られたエピソードが登場する書物であります。 出エジプトのあらまし この出エジプト記で語られているのは、いわゆるイスラエル人の集団脱走です。 時のファラオに迫害されたかわいそうなイスラエル人たちが、偉大な預言者モーゼに率いられ、約束の地へ移動していくという筋書き。 ものすごく端折ってあらすじを書くと次のような感じ。 当時イスラエル人はエジプトで奴隷状態 ↓ モーゼが生まれる ↓ 神様がモーゼに、イスラエル人をエジプトから逃がすよう指示する ↓ いろいろ奇跡を起こしつつ、200万人連れて脱出成功! 詳しいストーリーは、ビジネスホテルに泊まった際にでも旧約聖書を読んでみてください。物語調で、わりと読みやすいですよ。 民を率いた預言者モーゼ。統率力◎。 で、よく議論になるのは、この「出エジプト」は史実かどうかという点です。 もちろん、旧約聖書に書いてあることが全て事実というのは考えにくい。その内容には史実と神話が混在していると思われます。 それでも、一般的にはこの「出エジプト」の元になった出来事は実際にあっただろう、というのが通説になっています。 本当に史実なのか しかし、そうした風潮とは裏腹に、...

    カテゴリ:VIP
    サイト(当サイト内へのリンク):腹筋崩壊ニュース
    2017年04月06日 05時21分

まとめ記事タグ

内田彩, ナンパ, IT, ドラクエ, 山本彩, 声優, 健康, 音楽, プログラミング, キラキラネーム, 篠崎愛, ニコニコ動画, 初音ミク, ボカロ, 艦これ, ニコ生, エロゲ, ギター, けいおん!, 画像あり, DQN, ゲーム, ニコ動, ニート, 幼女, wwwwwwwww, コスプレ, した結果, エロ漫画, ペヤング, 野球, 就職, クソワロタ, 少子化, 炎上, バカッター, AKB, ラノベ, ゴキブリ

全カテゴリの新着記事

同一カテゴリのサイト

リンク